BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪魔が憑依する条件:権力者はなぜ腐敗するのか?

<<   作成日時 : 2008/03/06 00:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 2 / コメント 25

「専制的権力は徹底的に腐敗する」と英国の歴史学者のアクトン卿がいうように専制権力者はなぜ腐敗するのであろうか?
それとも、もともと腐敗者が権力者と為ったのであろうか?
今回はそれを考えてみたい。

専制的権力者とは、政治的独裁者もあるし、世界の富の多くを所有する大金持ちも含まれるであろう。

戦争の発生原因を考えると、私は人間の大多数が戦争を引き起こすのではなく、一部の権力や金を持っているいわゆる一握りの支配階級の都合によって戦争が起きていると思う。

たとえば、共産主義と自由主義社会の対立の構造でも支配者達の都合で民衆同士の仲が悪くなったのであり、一般大衆は己の置かれた環境によって望まぬ艱難辛苦を与えられたのである。

即ち、戦争の歴史は暴君の歴史であり、たとえば、暴君として名高い古代のネロやカリギュラを挙げるのみならず、近代においても膨大な数のカンボジア人を殺戮したため、「メコンのヒトラー」とも呼ばれたポルポトやルーマニアの暗黒時代を作ったチャウセスク、ドイツのヒトラーやイラクのサダムフセインなど、たった一人の絶対権力者が、あらゆる手段を用いて数百万人の善良な民衆達の心の中から憎悪を紡ぎだし、全体を地獄と化すような悲惨な世界を作り上げて来たのである。


■ 悪魔が支配者になったのか?

ここである疑問が生じる。
それは権力者達は最初から悪魔のような人間であったのか?それとも権力者になってから悪魔に変わったのか?という疑問である。

仮に、権力者や大金持ちが最初から悪魔であったならば、悪魔が権力者や大金持ちに為るに相応しいということになる。権力者たる人物には悪魔が相応しいということになろう。

しかしながら、歴史を研究すれば、権力者達は権力者になるまでは、当然ながら人望があり、非常に温厚でまじめで頭のよい理想主義者達で、最初から世界中を混乱に陥れ、人民を殺戮するような人間とは対極に存在する人間のみが権力者まで上り詰める。

たとえば、悪名高いオウム真理教でも信者達は善良であると思う。松本智津雄という悪魔によって悪魔の集団と化したと私は思う。
その松本もオウム以前に書いた書籍を読んでみれば、自意識が強い印象はあるけれども、ぼくとつとした憎めないような宗教オタクであってとても悪魔とは思えない。しかし、松本もオウム真理教の教祖になってから悪魔に変わったと思う。

権力者が悪魔に変身したのは、最初から悪魔の仮面を隠していた訳ではなく、本来は尊敬すべき人格者が権力を得て後に悪魔に憑依されたと考えるべきであろう。


■ 恐怖という猛毒

一般的に権力者の腐敗原因について、権力者がいくら律しても長くその座にあれば権力内部や周辺で緊張感が失われ、おごりが生じて腐敗すると考えられているようである。
しかし、「驕りや利権」が本当の理由であるとは私には思えないのである。
いくら欲の深い者でも、「私利私欲」のみでは、大量に人民を殺戮するような悪魔に変身できないと思うのである。
また、酒池肉林をしてる権力者は堕落するのみであって悪魔に変質するような気迫さえも堕落によって無くなり、ただ自分が破滅するのみであろう。

人間を悪魔に変える要素といえば一つしかない。
それは「感情」という麻薬であり、感情の中でも専制権力を得て後に生じる「恐怖心」が原因であると思うのである。

ヒトラーのいうように、人間は理性よりも感情で動く動物であり、それは感情が「想像力」を呼び起こすからである。
たとえば、プールで溺れて水が怖くなった子供は、いくら水は安全だと教えてプラス暗示をかけても、実際に水を見ると以前の溺れた「想像」が湧き出て水の恐怖を拭えないように、エミール・クーエの法則である「意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は想像力(イメージ)が必ず勝つ」のである。

権力者が悪魔と化すのは、権力者故に、恐怖、罪悪感、怒り、自己嫌悪、他者の軽蔑といった感情を持ちやすい環境に暮らすということであり、このような感情は、結局は、すべて恐怖がさまざまな形で表れたたものであり、恐怖の感情こそが、低層の周波数帯と共鳴する。
支配者が低層の周波数帯と共鳴することにより回りの人間も同じ悪感情を引き起こすようになるのである。
一度こういった感情の支配に屈伏すれば、抜け出すことは非常に困難になり、蟻地獄のように破滅へ向かうしかなく、悪魔の意識による支配に屈伏したようになるのである。


■ ゲッベルスの善良な人を戦争に参加させる方法

権力者のみならず、すべての人間は「恐怖」によってコントロールされ悪魔に憑依されるようになる。

ナチ党政権の国民啓蒙・宣伝大臣を務め、「宣伝(プロパガンダ)の天才」と称されたパウル・ヨーゼフ・ゲッベルスは次のように言っている。

「戦争を起こす時は、国民の戦争に対する意識の高揚がもっとも大切である。その為に私達は、善良な普通の人民には、敵に対し「殺さないと殺される」という恐怖感によって憎しみを感じさせ、戦争もやむを得ずという思いにさせて戦争を引き起こすことが可能になることを知っている。
また、そのようなプロパガンダに動じない厄介な連中例えば平和主義者や戦争反対派には「非国民、卑怯者もしくは無責任な臆病者」というレッテルを貼ることによって戦争を容認させるような世論を作れば良い。」


まさに、真珠湾攻撃や湾岸戦争、更に9.11テロでは、この方法によって、一部の権力者達は、アメリカ国民が敵に対し憎悪を感じさせるように煽動し、テロ戦争が正義であるという世論を作り上げることに成功したということに気づくであろう。

常に戦争や紛争があり、テロリストによる暴力があり、金融不安があり、そのほかネガティヴな事件が起こるのは、すべて恐怖の感情によって発生したのである。


■ 悪魔は「自由」「平等」「民主主義」を操る。

私達が行為をする時、必ず動機がある。
行動の動機として使用されるのが、「正義」とか「自由」「平等」「民主主義」といった思想である。
私達はこの美しき「自由」や「平和」を維持したいし、享受したいと誰もが願う。
しかし、私達はこのような言葉を聞く時は、疑ってかかった方が良い。
「自由」「平等」「民主主義」という動機こそが「宣伝」であって、本当の動機は「恐怖」「憎しみ」「怒り」「利欲」ではないかということである。

それを見破るのは簡単である。
それは、目的を達成する為に行う方法論や戦略が「自由」「平等」「民主主義」ではなく、「暴力的」であったり「攻撃的」である場合である。

動機が善いものであるのならば、必ず方法も良いものである筈である。
動機が平和ならば、方法も平和的である筈であろう。
世界平和の為に、核を所有すべきであるというのは、目的が世界平和ではなくて、敵に対する恐怖であるか武器商人の商売文句である。

私達はけっして美辞な言葉に感激して行動してはいけないということを知らなければならない。
そしてその前に私達は「恐怖」によってコントロールされやすいという事実知ることである。


■ 恐怖が人間の不幸を生み出す元凶だと知ることの重要性

私達は、死刑制度のように、「恐怖を恐怖で抑圧する」といった手法を悪の抑制方法として使用する。たしかに死刑制度があれば凶悪犯罪は減るのは事実である。それは、私達は「恐怖」によってコントロールされやすいという脆弱さを利用した手法である。
死刑制度反対の立場の人は「人道的」な立場を強調するけれども、本来、先進国で死刑制度が廃止される理由は、犯罪者に対する人道的な慈悲ではなく、誤審によって死刑になる人がいて、それを防止する為である。

「恐怖を恐怖で抑圧する」手法は、やむを得ないかもしれないが、じつは何千年たっても決して世界平和が訪れない理由は、結局人間の心から「恐怖」が無くならないからである。

人間とは恐怖する者である。
恐怖の厄介な点は、妄想に発展することである。
私達は、2つの感情が同時に心に存在することは無い。
特に恐怖を感じている時、けっして愛を感じることも、喜びを感じることも無く、ただ恐怖があるだけである。
私達は非常に弱い存在であり、人間が感情によってコントロールされるという真理を悪用されて来たのが人類の戦争の歴史であります。

しかし人間から恐怖の感情が無くなるということは決してないであろう。
然れば、まず「恐怖を感じることは悪魔の誘惑である」と認識することが重要ではないかと思うのである。
マイナスの感情の中でもっとも猛毒なのは恐怖であると知ることが重要なのだと思うのである。

そして、私たちは「目的」が崇高であっても「手段」が悪ならば、それは悪であると知る事である。
私たちは正義という皮を被った恐怖を見破らなければなりません。
美しい言葉に惑わされてはいけない。
ただ、アンパンマンのいうように「あらゆる行動の基準は正しさではなく、優しさを基準にすべきである。」いう結論のみが唯一の正義のように思うのであります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「セスク」についてのクチコミブログをピックアップ
セスク に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… ...続きを見る
クチコミブログをピックアップ
2008/03/06 00:40
利己的な遺伝子
ベンチャー企業家でプログラマーのポール・グレアムは次のように言っている。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2011/05/03 14:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(25件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
ウソを見破る方法は『暴力的』『攻撃的』である…
人は頂点に立つ程、恐怖を感じる
これは社会や恋愛にも当てはまりますよね〜
恐怖を感じた時にこそ本能的な愛情や優しさを忘れない人になりたいと思いました
yum
2008/03/06 01:00
よ〜く読めばきっと理解できると思います・・・はずです・・・(^_^;)
アンパンマンの主題歌、詩人のやなせたかしが作者なだけあってすごいですよ。
子供と一緒に見た映画ではとても効果的に使われていました。
サンタママ
2008/03/06 13:04
む、難しい・・・。カテゴリーが「だれもついていけないBLOG」なだけはありますな(笑)
仰ることは何となく分かります。極右と称される方々のブログを拝見すると、恐怖を煽るという手法をよく用いていますよね。極左は逆に「自由」「平等」「民主主義」を謳いながら、結局は某捕鯨反対運動を展開する方々と同じ路線を走りますよね。的を射たことを言われる方々もたくさん居ますけど。
話がちょっと逸れました。
権力を得たものは恐怖を使って民衆を操ろうとしますが、操る側も又恐怖に支配されているとは。考えさせられますねぇ。

あ、最後に脱線。アンパンマンの歌を聞くと「愛と勇気だけが友達さ」のフレーズで「寂しいヤツ」と思ってしまうのは、僕だけなんでしょうか?
rikky
2008/03/06 13:20
「だれもついていけないBLOG」なんていうカテゴリがあるんですか〜!^^
知らなかったです^^;
そして。。。難しい…
上の娘が「アンネの日記」を読んだ時に、
ヒトラーも子供のころはとても親思いの優しい少年だったそうです。
(子供向けの本だから、事実かはわかりませんが^^;)
なのにそんな優しい心を持った人が、
なんであんなにたくさんの人間を殺すことができるの?
…と聞かれたのですが…
私はよくわからなかったので、答えられませんでしたが
「恐怖」からなんですね…
恐怖心から「やられる前にやってまえ!」という感情になるのでしょうか…
上にたつような人じゃない人でも、こうゆう人いるような気がしますが。
「自分がされて嫌なことは、人にしてはいけないよ」
という、しつけはされなかったんですね^^;
子供達にはやっぱりアンパンマンを見せないといけませんね〜^^
やなせたかしさん、すごい人です^^




キキ
2008/03/06 15:01
まさしく、エイジさんの論じる通りであると重い…思います。
アナタの足下に跪き、その足の小指をひねって差し上げたい気分です。
( ・_・)――――C …むぎゅ

カラス
2008/03/06 17:22
二つの感情が同時に心に存在することが無いならば、人は皆、愛を知ることで恐怖に打ち勝てるでしょうか? 変な質問ですみません、、。
rie
2008/03/06 17:46
多くのワンマン社長に接する機会がありますが、
恐怖が存在すると言うのは解るような気がします。

自由主義等の話は今の捕鯨反対運動の輩に
それらしき思惑が見えますね。

死刑制度廃止に関する論議は、
法が人を律すると言う意味において、
まさしく究極のテーマですね。

アンパンマンの歌、
↑のサンタママさんが言うように深いなぁ(^_^)。
顔だけアンパンマン(●゜〇゜●)になりつつあるわ(笑)。





しまじろう
2008/03/06 20:03
嘘を見破る方法は、言葉と行動の一致、そして方法の一致です。
たとえば、恋なんかでも言葉で告白するするよりも行動で感情を示した方がうまく相手に伝わるように、言葉を弄するのはあまり効果が持続しないと思います。>yumさん

アンパンマンはね。
バイキンマンを殺さないでしょ。
悪い奴を懲らしめるだけで教育的指導もしないでしょ。
「ごめん」といったら許します。そして裏切られて窮地に追い込まれる。
すごいヒーローですよ>サンタママさん
エイジ
2008/03/07 18:15
捕鯨の問題は、議論が長引けば長引くほど儲かる団体があるのです。
いわゆる寄付金が増えるわけです。
そして捕鯨の問題は、じつは環境保護の問題でなく、
鯨を食っても良いと思う人と食っちゃいけないと思う人の闘争ですので、ミンク鯨がどんなに余っていても関係ないんですよね。
ちなみに、私ですけどね。
鯨は人間の仲間という説(アクア説)を信じておりますので、敢えて食わないほうがいいんちゃう?という仲間です。
べつに食べてもいいけど。敢えてね。>rikkyさん

アンパンマンの項目もあるので読んでください。
私がアンパンマンを正義とする理由がわかると思います。

善良な市民が善良な市民と殺しあうというのは人類の最大の不幸であり、悲しみであり、悪魔にとってはこの上ない喜びです。

キキさんは、この話を知った以上、もう権力者の甘い罠を見破る人のひとりになって頂きたいものです。>キキさん

エイジ
2008/03/07 18:25
小指はやめて。折れるから。
意味が判りませんけど、足には水虫がありますので掻いて欲しいです>かなさん

そこなんですよね。rieさん。
感情は感情によって克服されます。
悲しみは恐怖に負けます。
喜びも恐怖に負けます。
そして恐怖の中でもっとも強いのは死の恐怖です。
死の恐怖より強いものは、恋の感情であると言われておりますね。
愛も激しい恋愛感情のような愛なら死の恐怖を超えるでありましょう。>rieさん
エイジ
2008/03/07 18:35
人が罪を犯し、罪を憎んで人を憎まずといいます。
この意味はですね。
罪人は死刑にせずとも、一生の自由を束縛されるのです。
一生の自由を束縛されるのが死刑囚の償いなんですね。
その点、罪を罰する方法として、死刑はもっとも安上がりなんですよ。
死刑をしなくて罪人の自由を束縛するのは非常にコストがかかるのです。
人道とは金のかかるものなんですね。>しまじろうさん
エイジ
2008/03/07 18:43
 ミ  ズ ム  シ  
(- -) (- -) (- -) (- -) シスターズ
ガラス
2008/03/07 21:49
人を信じて幸せを願うアンパンマン…エイジさんと並んで素敵やわ〜
(*゚∇゚ノノ゙☆パチパチ!

皆がその気持ちを持ち寄れば次は元気玉やね
yum
2008/03/07 22:23
ヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノ ブタブラザーズ!ブタナイデ♪
同じ顔かいっ!>ガラスさん

元気玉といえば、草や木、人間や動物、果ては物や大気にいたるまでのあらゆるエネルギーをほんのすこしずつわけてもらい、それを集合させて、元気玉をつくりだし、それを放ち相手にぶつける技ですが・・・・

それはドラゴンボールの悟空の究極の技なので、さしずめ今回は「アンパンチ」でしょうか?>yumさん
エイジ
2008/03/08 11:11
先生質問です!
恐怖を克服するためには、勇気。
では、勇気を出すにはどーしたらいーでしょう。
私は、席を変わってあげよーと席をたっても、「どうぞ」という一言がいえないまま、さささっとゴキちゃんのように人ごみのなかに移動することがあります。(いえるときもあるけど。)
勇気って出すのがほんと大変。
あやお
2008/03/08 13:46
なんか革命とかってなると、テロリズム(恐怖主義)
や狂信って短絡思考の輩が多いっす。坂本龍馬のような
革命もやるけど、もっと生産的な行動もやるど、ってな
思考をもった奴がでてきてくればいいのですがね。

恐怖・・・・克服したり押さえ込むよりそいつすらも笑いに置き換える
ほうが面白いかも。でもその恐怖に潜む本質的なお馬鹿な部分を
見極めるには、恐怖と向い合う必要がございます。故に
権力者は、敵対勢力(自分の合わせ鏡みたいなもん)より
道化師や戯作者を恐れたのです。
どーまる(1)
2008/03/08 18:36
やなせたかし先生・・・ご自身が壮絶な戦争体験をされているので、正義の名の下に隠されたどす黒い本質を見極められているのでしょう。それにしても本当の悪は、悪を操る悪女だったりします(怒禁ちゃん)。

水虫・・・おお、ここにも足にペットをかってらっしゃる方がいっぱい。因みに水虫でしたら土槿皮【酉丁】(日本漢字になし。チンキの意味)ってのがお勧めでやんす。皮がぼろぼろに剥れるけど、その後できれいになるからね。・・・・管理人さまはしってたかしらん?

席を譲る・・・ずっと昔、和服のばーさんに席を譲ろうとしたら「わたし、そんな年じゃございません!!」と罵倒されました。なんか口惜しいし、ここで笑い(嘲笑とは違う)に変えねばトラウマになるとおもってでた台詞、「あなたに座ってほしいのですよ、マダム」。70歳のばーさんをナンパしちまった瞬間でした。まあ、こんな難物はそうそうないですから、普通にやれば普通に応えてくれますよ。それに他人はメールとゲームに必死ですから恥ずかしがる必要無し。
どーまる(2)
2008/03/08 19:03
あやお君。
君はちゃんと席を譲ってるじゃないですか?
私は君のようなナイーブな感性を殊更評価します。

また恐怖に対抗するには、勇気よりも嘲笑する。というどーまる様の方法は素晴らしいですよ。>あやおさん

恐怖・・・・克服したり押さえ込むよりそいつすらも笑いに置き換える
確かにそうですね。これは効きますよね。
前に私もBLOGでも書いたのですけど、恐怖の対象を滑稽な物に意識的に変質させるという方法が恐怖克服には有効ですね。
恐怖が嘲笑に変質すると先制権力者にとっては完全な致命傷ですからね。どーまる様の指摘はそのとおりだと思います。

土槿皮とは、ムクゲの木槿皮チンキと同じでしょうか?
これは我が社でも製造しておりますよ。
古典的ですが最も効くんちゃうかな?というのは感想です。
ちなみに私の水虫はどうも皮膚炎のようで、水虫薬よりもステロイドの方が効くことが判明しております。>どーまる様
エイジ
2008/03/08 23:07
リアルアンパンマンって知ってます?
アンパンマンの優しさが実は最初から利用されていて、ジャムおじさんを含む全ての仲間から裏切られてしまうという話。。。。。
本家アンパンマンのま逆を行くんですが、悲しいからかなりリアルで笑えないんです。
この世は切ないところなり。
SSD
2008/03/09 12:38
早速ネットで探しました。
天丼マンの天丼を食べて復活するリアルアンパンマンですけど、
本家のアンパンマンがあってのリアルアンパンマンですよね。
単独ではあまり面白くない話ちゃいます?>SSDさん
エイジ
2008/03/11 18:11
話が逸れるのを覚悟で追加コメント。
捕鯨だけでなく、環境保護団体の多くは「寄付金」目当てで活動していて、自分は環境なんてどうでもいいと思っている連中が多い気がしますよ。
ま、それとは別に鯨の話。アクア説は読ませて貰いましたが、読んだ上で私は鯨食べる派かなぁ?生命に貴賤は無い、ならば、自らを生かすために食べる事は悪ではない。映画ALIVEは衝撃的でしたが。
積極的に食べようとは思いませんが、反対はしない、その程度のスタンスですけどね。
rikky
2008/03/14 09:20
環境保護団体の中には、まさに「建前=環境保護」でありまがらじつは「金儲け」であったり「プロパガンダ」である場合が非常に多いですね。
例えば「ローマクラブ」という有名な環境保護団体がありますが、これは石油王としても知られるアウレリオ・ベッチェイ博士が、資源・人口・軍備拡張・経済・環境破壊などの全地球的な問題対処するために設立した民間のシンクタンクですが、このローマクラブは石油有限説を唱えていますが、その真意が環境保護なのか石油価格の維持なのか?はかなり疑問ですね。
また、鯨食い行為ですけど。
個人的にはどっちでもいいです(笑)>rikkyさん
エイジ
2008/03/15 09:05
エイジさん、そうですね、リアルアンパンマンはオリジナルがないとあんま面白くない。私的には悪女なバタ子さんにはまりました。
SSD
2008/03/15 14:09
バタ子さんがもっとも人間らしく切ないですよね。
バタ子さんがいなければ悲惨なだけのリアルアンパンマンですね>SSDさん
エイジ
2008/03/17 17:53
原因の1つとして、
そこに着いた初めの段階では、
どれだけまっとうな権力者であったとしても、
権力者を優遇して、取り入ろうとする人が居れば、
その権力者は次第に腐っていくことになる。

権力者自身がもとから腐っている状態ならば、
権力者に対して、取り入ろうとするものに優遇するため、
負の連鎖となることは決定事項。

どちらにしても、腐敗した政治を見たくないなら、
この部分への対処は必須事項となる。

バカな金持ちや、権力者が一番タチが悪い。
バレなきゃ、犯罪じゃないと思ってる節がチラチラ見え隠れしている。
本当に、どこのスラム街の育ちですか?と聞かないとならなくなる。
ッT
2017/02/02 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪魔が憑依する条件:権力者はなぜ腐敗するのか? BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる