BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 地球の出(Earth-rise)

<<   作成日時 : 2007/12/08 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 32

「かぐや」ハイビジョンカメラによる映像:地球の出(Earth-rise)






なんて美しい惑星であろう。


私がもし異星人で月から地球を見たとしたら、きっと地球に限りない興味を抱くと思う。

荒涼とした宇宙空間に浮かぶ楽園のような青い星。

このラピスの様に青い星に住む者はきっと神の様に幸福で愛に満ちた暮らしをしているに違いない と異星人の私は思うであろう。

しかしこの地球を支配する人間は、神のように幸福で愛に満ちた暮らしをしている時もあれば、地獄の鬼のような暮らしをしている時もある。

半分幸福で半分不幸なのが人間である。
その原因は何かというと、人間には半分の善い感情と半分の悪い感情を合わせ持つからに違いない。

もしも人間の世界に「憎しみ」や「怒り」や「恐れ」や「嫉妬」といった悪い感情が無く、「喜び」や「優しさ」や「愛」や「慈しみ」といった善い感情しかなければ、「憎しみ」や「怒り」や「恐れ」や「嫉妬」といった言葉も無く、それを想像することもなく、神のような幸福で愛に満ちた暮らしができるに違いない。

そしてそんな暮らしをしてる方が、美しい地球の住人に相応しい。




ところで今日12月8日は、ジョンレノンの命日だそうだ。

さっきからニュースで「イマジン」が流れている。

「イマジン」を聴きながらそんな事を考えている僕を夢想家と君は言うかな?




宇宙航空開発機構



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
悲しげに見える水の星
悲しげに見える水の星NHKの地球エコ2008の”かぐや”から撮影した「地球の出」ゆっくりと浮かび上がってくる青い地球がどんなに貴重なのかを思い知らされ映像を見ているととても切ない気持ちにさせてくれますそこに茨木のり子さんの「水の星」の朗読が聞こえてきますこの詩は茨木のり子さんが アポロが撮影した地球の写真を見ながら作ったそうです。水 の 星宇宙の漆黒の闇の中をひっそりまわる水の星まわりには仲間もなく親戚もなくまるで孤独な星なんだ生まれてこのかたなにに一番驚いたかと言えば水一滴... ...続きを見る
仙台発、万年草で地球に生命を,<stro...
2008/01/30 16:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
BLUEな星で暮らす幸せ♪といえば
田舎が好きな私は堪能してるかもしれないなあ。。。
きれいな水と緑の美しさと鳥のさえずりと、やっぱり田舎はいいです。
エイジさんのブログに癒されましたぁ。
NORI
2007/12/09 00:26
BLUEな星で暮らす幸せ♪といえば
田舎が好きな私は堪能してるかもしれないなあ。。。
きれいな水と緑の美しさと鳥のさえずりと、やっぱり田舎はいいです。
エイジさんのブログに癒されましたぁ。
NORI
2007/12/09 00:27
おはようございます。
蒼き星地球。
素晴らしいの一言に尽きますね。
バルタン星人が欲しがった訳もわかりますわ(笑)。
しまじろう
2007/12/09 10:44
ジョンレノソといえば、イマジソですね。
アッシのもっとも好きな曲です。
カラオケで歌っています。

アッシー
2007/12/09 12:24
僕のイメージなんですけどね。
●美しさに合ってるもの
自然の景色
街で見かけるポスターのデザインや建築物の優雅さ。
コーヒーカップの曲線も、女性の服などの芸術的な物

●合ってないもの
貧困や病気のありそうな汚いスラム街
煙草
戦争
麻薬なんかはBLUEの星に似合わない>noriさん
エイジ
2007/12/09 18:55
バルタン星人は非常に興味深いキャラクターです。
バルタン星人は蝉ですが、そもそも地球に宇宙空間から渡来した生物は昆虫です。
昆虫が変態するのは、どんな環境に置いても生存できるようにです。
即ち宇宙空間の中では昆虫はサナギの状態で惑星を異動しているのです。>しまじろうさん

私の目の錯覚でなければ、ジョンレノソじゃなくてジョンレノンだと思います。>アッシーさん
エイジ
2007/12/09 21:09
この映像を見たとき、きれいだと思うと同時になんだか、はかなく感じましてね
勢いで買った天体望遠鏡で、私が簡単に見られるのは『月』くらいなもので、そのレンズに集めた月の光を眺め、急激な尿意を感じたものです。(チビリそうになるということ)
青く輝く地球とて、自らのチカラではなく、太陽に照らされ生かされているのであって、人間とて、その光の下、ささやかな営みをおくるチリのような生命体の1つなのだなぁ、と感じたわけです。
チリのつぶやきでした。

カラス
2007/12/09 21:42
そーですね。
ささやかな営みをおくるチリのような生命体の1つであります。
それなのに、喧嘩したり殺しあったりね。
よい感情の半分で生きてゆくのもチリゆえにできる冒険かも知れませんね。
どーせ100年たったらみんな居なくなってしまうんだから。
エイジ
2007/12/09 23:01
地球ってきれい!でも水も雪もなくなってきてるんだよ!大変だ。この映像を見ると青い地球を守らなければと思いますねー。でもどうすればいいんじゃろ?ジョン・レノンは私はあんまり別にという感じですが、毎年命日にはセントラルパートで追悼式みたいなのしますね。オノー・ヨーコはもう怪物みたいというか怖いものなしです。
ruri
2007/12/10 04:05
本当にキレイな星に住んでいるんですね〜(*^_^*)
三男と飽きるほど見ているウルトラマン関連のビデオによるとと40年前から宇宙から地球に侵略してくる者が後を断たないそうですが(^_^;)頷ける映像です。
サンタママ
2007/12/10 11:38
セントラルパークの追悼式は必ず日本ではでっかいニュースですよ。
オノヨーコはめちゃんこリッチですよね。
ギザ、うらやましっす。
ちなみに僕は地球温暖化の原因を太陽の異常活動説だと思ってるすから、2012年まではどうしようもないっす>ruriさん

ギザ綺麗っす。
ちなみにうちの会社にもダダがいるので侵略も頷けます。
確かに、地球はM78星雲の救いが必要っす。>サンタママさん
エイジ
2007/12/10 17:59
こんにちは。
こういうものを見ると、毎日無用なことをごちゃごちゃと考えているばかばかしい自分が脳裏に浮かんで悲劇の喜劇を思います(笑)。
聖書には、本物の善いものと、まやかしのようなものが混沌としているようですが、「はじめにことばありき」は後者、と改めて思わされます。(ことばのあやかもしれませんが?)先日たまたまテレビで見た爆笑問題と言語研究者の会談でも、「ヒトは言語の檻の中にいる」との話もありました。一方で「言語を使って嘘をついて進化してきたのもヒト」というようなこと?も言っていましたよ?
癒し、覚醒、みたいなものを与えてくれるものに、感謝します。
ありがとうございます。
ゑひもする
2007/12/13 17:52
よいものにもわるいものにも感謝します。相対性、一対、神の戯れ?
太陽系、そのまた外の、そのまた、そのまた・・・
どうにもちっぽけな気分です。謙虚じゃなけりゃおかしなことです。
エイジさんみなさんいつもありがとうございます。
ゑ  追伸
2007/12/13 18:06
おっしゃるとおり。
聖書には、本物の善いものと、まやかしのようなものが混沌としています。
聖書研究者の間では、聖書には「原本」があるのではないか?と考えられていて本当のイエスの言葉や真実を現在も模索しているそうですよ。

老子の「大道廃れて仁義あり」という意味ですが、「道」が無くなったから「仁義」という言葉が出てきたということです。
言葉があるということは存在してるということであり、仁義が空気みたいに普通なことならば、仁義という言葉は存在しないのですね。
人間の悪い環境は、すべて感情が作り出していることですので、悪い感情を無くすことが良い環境を作り出す、はじめであり最後だと私は思うのです>ゑひもするさん
エイジ
2007/12/13 18:23
思うが世界。
はじまりのように。
ありがとうございます。(^.^)

2007/12/13 18:45
「スペクトルマン」のライバル、宇宙猿人ゴリも
この星にたどりついて、人類があまりにもこの綺麗な
星を蔑ろにするので、自分が支配して地球を守る
ちゅうポリシーだったんですよね。

あと「バビルU世」の悪役ヨミも、「マグマ大使」のゴアも
似たようなポリシーで。地球を守るために人類を滅ぼそうとする・・

いまじゃかつての悪役のほうに感情移入してしまうお年頃っす。
どーまる
2007/12/19 01:18
地球の美しさというのは、三次元の視力で見ると綺麗なんでしょうけど、実際に綺麗ですよね。
おそらく地球と似た環境の星もほかに必ずあると思うんですけど、もしかしたら地球人もゴリのように他の惑星からやってきた侵略者の子孫かもしれませんね。>どーまる様
エイジ
2007/12/19 18:06
以前、宇宙は無限に広がり続けているとされていたのが、最近は、広がっているのではなく常にかたちを変えながら在りそのかたちが無限、というのが有力な説とテレビで見聞きしました。エイジさんのお話の潜在意識、人が決然とすると動き出す世界などが、ぐにょんぐにょんに?(笑)変わりながら対応している宇宙観と妙にマッチすると感じました。また、孫悟空がお釈迦様の掌の上で転がされているという喩えも、妙に頷けてオモシロいなあ、とひとり合点をしているのですが。。。
番組は、最新の宇宙の形態について数式であらわすことに成功した一人の若いロシアの天才数学者をめぐるお話で、物理や数式はちんぷんかんぷんでしたけれど。(^^)ありがとうございます。
(そんなに私は女性らしくないのかしらん?)
ゑひもする
2007/12/25 17:58
ああごめんなさい、もうひとつ。
調和を円や球であらわすことも腑に落ちそう。孤独の闇の数学者さん、感謝します。神の恵がありますように。
(エイジさんが引かないで下さるとうれしいです (^_^.) )

2007/12/25 19:22
もうやだ、もうひとつ。チベットのきれいな砂絵曼荼羅?を毎回くずしてしまうのも、禅的「今」も、、。時間の謎。今今と今という間に今ぞなく今という間に今ぞ過ぎゆく、ですね。きりがないからもうやめますね。
失礼しました。

2007/12/25 19:39
うーむ
面白いですね。
曼陀羅。
チベットの砂絵曼陀羅の破檀については諸行無常を示すといいますが、私は違った解釈をしています。
私が思うに曼陀羅というのは魔法陣で、神や仏を召喚する空間なのであります。
魔法陣は、西洋も密教も同じく、○と十字などの幾何学模様で作られます。
西欧の魔法陣も砂や動物の血で描くこともあります。
そして神が召喚された後は破檀するのが鉄則です。
魔法陣単体で効果を発揮することはなく、術者の呪文や魔力など鍵となるものがあって初めて作動するといいますから魔法陣も曼陀羅もその模様自体に力を宿すのではなく、曼陀羅を描く者の念力によって力が宿ると考えるのが妥当でしょうね。>ゑひもするさん
エイジ
2007/12/25 20:50
召喚したい理由は主に何だと言えるでしょうか。瞑想やインスピレーションやお告げなどとはまた違うのですよね?
>神が召喚された後は破檀するのが鉄則
それはどうしてなのか、よかったらもう少し教えて下さい。
ゑひもする
2007/12/26 17:44
めんどくさい奴じゃないですか?ご迷惑ではないですか?

2007/12/26 17:53
上記、撤回します。どうもすみません。(^^)

2007/12/26 23:59
ゑひもするさんのコメントは僕にインスピレーションを与えてくれます。
だから面白いですよ。コメントから色んなヒントを思いつきます。

たとえば、流れ星が消える間に願いを唱えると願いが叶うとか、誕生日に年の数だけのロウソクを一気に吹き消すと願いが叶うとか、百物語で話を終えるとロウソクを一本ずつ消すとかですね。
本来は消えるものに願いをかけるものなのです。
イエスのように「一粒の種が死なないと花が咲かずに実が成らない」のであります。
だから何事も成就したらそれは消さなくてはならないのです。消えてゆくものでなければ成就しないのです。
仏教でもお経の間はロウソクを灯しますがお経が終わるとロウソクを消します。ロウソクが消えた刹那に功徳が永遠になるのです。>ゑひもするさん
エイジ
2007/12/27 00:50
(^^)ほっ、ありがとうございます。

素敵なおはなしに、こんな言い回しが浮かびました。
何かを得れば何かを失う
失うときに得られる 
取り込んで手放していく 
時が流れていく、私たちが通り過ぎていく。
なんだか楽しいです。どうもありがとうございます。
ゑひもする
2007/12/31 16:30
あ、こんなのはどうでしょう。
美しく作り上げた曼荼羅(慈悲、愛、勇気、努力などの結晶)を
くずす(天に捧げるいけにえ、自己犠牲)
少々こじつけでしょうか?(笑)

2007/12/31 16:50
調べたところによりますと、チベットの砂絵曼陀羅はやはり観音菩薩を曼陀羅の中央に召喚するのが目的だそうです。それで観音菩薩が曼陀羅の砂に宿るそうです。
だから曼陀羅を壊し、砂を川に流すことによって観音菩薩の功徳を自然に還元するという意味だそうで、ゑひもさんの天に捧げるいけにえイメージに近いと思われます>ゑひもさん
エイジ
2008/01/02 22:17
現実って何ですか、どこにあるんでしょうか。考えるほどわからなくなります。ロダンの作、「地獄の門」の扉の横には悪魔的造形の珍獣たち、上には例の、考える人 が座っています。私は実に、「言語の檻」の中でがんじがらめに縛られている様な気がしています。聖書に表現されている「ことばありき」や「みことば」などと、いつも使ったり考えたりしている言語とは、まったく違うものなのかもしれないと思うようになってきました。私の眼に映るもの、聞こえるものなどって、何なんでしょうか。
私の言いたいこと、エイジさんには伝わるでしょうか。
music mosic の語源はご存じですか?
すみません、おかしなたわごとと笑ってくださっても構いません。
ありがとうございました。
ゑひも
2008/02/08 10:34
誤 mosic
正 mosaic

2008/02/08 10:40
私たちは眼に見えるものしか現実と考えないですからね。
それは昆虫も魚も同じです。
仮に神の眼で見たら全然違ったものが見えるかも知れません。
しかし、私たちは眼に見える世界でのみ生きているのも真実ですよね。私たちは自分の目で見える世界の中でしか判断出来ないのも事実です。
だけど、それは目に見えることしか信じてはいけないという訳ではないのです。
私たちは眼に見える現象から眼には見えない法則を知る必要があるのです。
従って目に見える現象を考えることによって目に見えない法則を信じるのは決して非科学的でも迷信でもないと私は思う訳なんです。
エイジ
2008/02/11 01:44
いでわれも今日はまぢらむ春の山  (良寛)
love,shalom
やっぱりエイジさん好きです。(変な意味じゃないので心配ご無用)

ゑひもする
2008/04/23 13:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
地球の出(Earth-rise) BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる