BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 9/11の真実

<<   作成日時 : 2007/11/25 22:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 16

事件には必ず裏があると考えるほうが妥当な場合もある。
たとえば、福田政権のテーマは、「テロ対策特措法問題」「年金問題」など、いろいろあるけれども、最大の問題はインド洋での給油活動を継続するためのいわゆる「テロ対策新法案」である。
その最中に守屋武昌元事務次官の逮捕である。

守屋氏は海上自衛隊による給油活動に大きく係わってきた人物であり、日本の軍事費の闇の部分を象徴する人物でもある。

ところでなぜテロ防止対策なのか?
誰もが知っているように、テロと合衆国との戦いは、9/11ニューヨークの貿易センタービル爆破テロが起点であります。
冷戦が終わったと思ったら、新たな戦争が始まったのである。
この事実から、人類は戦争が好きなのかという懐疑的な考察がされるが、もしかしたらあらゆる戦争は、故意に引き起こされたとしたらどう思うであろう?

ジョージ・W・ブッシュが国防長官へ起用したドナルド・ヘンリー・ラムズフェルドには、「ラムズフェルドのルール」という40年間にわたる下院議員生活を通じて得た心得があるが、その心得の中で彼はこう言っている。

「ある問題の解決策が見当たらなく行き詰まったときは、その問題を拡大させなさい。 」

もう一度、日本人はテロについて考えてみたほうが良いかも知れない。

ちょっと長いですけど、是非時間があるときに見て下さい。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦争が絶対に無くならない理由。
天地を創造したといわれるシヴァ神は、 永劫の時間の間、カイラス山で多くの女神と精霊達にかしずかれ、 深い瞑想の中にある。そして世界は平和が保たれる。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2009/01/10 18:46
5時45分という名のコーヒーショップ
神戸の三宮の本通りに「5時45分」という名のコーヒーショップがあって、 一時期、非常に話題になったそうである。 ご存じですか? この喫茶店が開店したのは、1978年だそうだ。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2010/05/06 19:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
9.11の疑惑についてですね。
同じ要旨でいくつか日本の民放で流してましたっけ。胡散臭い手法で番組が作ってあったのですが、内容には疑惑を持たせるだけの十分な内容が含まれていました。日本のマスコミが何故あんな映像を?
ビルの倒壊の仕方はインプロージョンを思わせる部分がいくつもあったし、ビルの映像は実に良いアングルで撮影されていた。飛行機の墜落についてもいくつもの疑惑がある、etc・・・。
こういった事件は、いつも謀略説が流れるものですが、胡散臭い部分が多すぎるのも事実です。
真実はどこにあるのでしょうね?
rikky
2007/11/26 00:33
ビルの崩壊の仕方が不自然だと言う話は聞きました。
なんだか突然まったく別の棟も崩壊したとか・・・
不自然な理由もテロの一部だとすれば納得できますけど、飛行機がぶつかった=ビルが崩壊した と言うのは少しおかしい気もしますね。
もし、仮想敵を作るための陰謀だとすればアメリカと言うのは本当に恐ろしい国です(-_-;)
サンタママ
2007/11/26 11:07
そんな国の尻馬に乗って入国審査に指紋の検査を義務付けるなんて…そのために「テロリストがいる」と臭わせる大臣・・・
変な国です ここは・・・(T_T)
サンタママ 追加です
2007/11/26 11:10
自分の家の平和を考えるだけでイッパイイッパイな頭ですが、『エイジ教授の脳体操』をしてみたいと思います。
まず上記の番組ですが、数々の事実をパズルのように並べ、ツジツマが合うよう仮説を立てていくことはフィクション作家ならできるだろう。
なにせ、テロリストの理解不能な正義論と手段を選ばない方法論は、如何様にでも拡大脚色できるだろうし、米国の国防という巨大な伏魔殿内での策略とて、見えない・見せないからこそ憶測を呼ぶところです。
経済大国の象徴の崩壊を世界中に壮絶なインパクトを持って知らしめるためのステージは、やはり米国であり、その中のターゲットも仮定しやすいだろう。それ故、テロに対する具体的な訓練もなされるだろうし、その内容もスパイにより外に漏れることも考えられる。
どちらが逆手に取って策略を企てたか不明だが、ニワトリと卵のように堂々巡り。。だからこそ、意図的に切り口を設ければ仮説は多種多様に出るだろうと思うのです。



カラス1
2007/11/26 18:02
自分が不利益になるものを抹殺することが正義真理と信じている者達との和解も理解もあり得ない。要するにテロはなくならないのです。
それこそ『隣の隣はテロリスト』です。
『世界平和』を声高々に叫び手を合わせても、もうどうにもならん。
平和ボケの日本で言葉だけ美しいことを言っても、現にテロリストは次のインパクトをココに定め狙っているやもしれない。
もしかして、上記の番組作成者もテロリストではないか。
「テロ対策新法案」の可決は、立場上やむを得んでしょう。
おっ、腹が減りました。
カラス2
2007/11/26 18:03
確実に言えることは、
1.ペンタゴンにジャンボジェットはつっこんでいないのに嘘の報道を流したこと。
2.ビルはジェット機火災ではなく、ダイナマイトによって倒壊したこと。
3.ビルの所有者がテロ保険に33億ドル加入していたこと。
4.この事件が起きることを知っていた人がいて、株で巨万の富を得たこと
です。>rikkyさん

日本が確かにテロ撲滅などという正義という名目でお金を払うのは馬鹿げています。
しかし、
大事なことは、これはアメリカの陰謀ではなく、アラブの陰謀でもない。
アメリカもアラブも被害者なんです。
アラブと合衆国が戦争することを望む人によって引き起こされたテロであることです。
それは戦争することによって自分達の利権が守られる人達が引き起こした事件です。
そして、合衆国の支配階級に関係者が存在することです。

この事件は、じつはアラブ対イスラエルの戦いの一部なのですよ。>サンタママさん
エイジ
2007/11/26 18:07
おお!9/11のように同時多発コメントであるな。>かなさん

そうなんです。
じつはテロリストは敵同士を争わせて利益を得る者達です。
いわば、武器商人です。
奴らは、冷戦時代には、ソ連とアメリカの影に隠れ、冷戦が無くなったらアラブとアメリカの影に隠れてたんまり儲けるつもりなんです。
なぜ儲けるのか?
なぜなら、彼らはデビアスがダイヤの価格をコントロールするためにダイヤを買い占めるように、世界をコントロールする為には巨万の富を維持しなくてはならないからであります。

いっておきますが、犯人は私でないから安心してね。

肝心なことは、日本がお金を払うことは、武器商人の利益になるだけであって、お金を払えば払う程、決してテロは無くならないということです。>かなさん
エイジ
2007/11/26 18:16
(ほんの一部のユダヤ人に始まる今の世の中?ユダヤ人は優れた少数民族であるがゆえに悪魔に魂を売り渡してはいけなかったんだと思います。本当に悲しいことです。)私たち小市民がもっともっと賢くならねばと思うのですが、具体的にどうしたらいいのでしょう。
ゑひもする
2007/11/26 18:42
先の湾岸戦争のキッカケは、クエートの少女の発言が始まりでした。
それは、イラク兵が赤ん坊を病院の床に叩きつけたという話でした。そして、イラクの攻撃によって重油が海に垂れ流されたというニュースです。
しかし、事実はクエートの少女は実はアメリカ大使館に関係した少女であり、重油の映像も違う画像を使用した物でした。いわゆる真珠湾攻撃のようなアメリカの「ヤラセ報道」だったのですね。
そのときの大統領は、パパ・ブッシュだったわけです。
ブッシュ一族とその回りの集団によって作り上げた計画的な戦争であったと思われますね。

インターネットの発達はそのようなジャーナリズムによる陰謀を阻止するでしょう。私達は数多くの玉石混合でもいいから事実を知り、自分で判断する必要があると思います。>ゑひもする
エイジ
2007/11/29 00:32
ユダヤの民によって
パンドラの箱は開けられてしまいました。
しかし、その中に希望が残っていることを信じたいです。
しまじろう
2007/11/29 12:12
核問題のニュースの時、北がアメリカは悪の枢軸といいましたが、核以外でも色々な相関が連想されて何とも可笑しかったのを思い出しました。 
大罪を犯し続けるブッシュ一族(とその周辺)、信心を知らないクリスチャンに目覚め、回心の時は来るでしょうか。アメリカ市民一人ひとりもそろそろ賢く変わってくれないかなあ。日本も。少しずつは変わっていますよね。 ‥何となくですが、ブッシュやラムズフェルドなど、表に見える人たちはダークサイドの内ではほんの小物なのではないかと感じる時があります。妄想?
ゑひもする
2007/11/30 16:16
だってなんだか「力」ばっかりで頭悪そうなんだもん。
(私に言われるか。)中傷はいけませんね。。。
ゑひもする
2007/11/30 16:28
じつは、アメリカでお札を刷っているのは政府ではなくてFRBという銀行の連合なのですね。
だから政府はアメリカの金融には口出しが出来ない訳で、
金融に強い組織が世界の金融市場を操作している訳です。
その金融シンジケートは軍事シンジケートや資源シンジケートと本体は同じなんですね。
そのシンジケートを解体しなければ世界に平和は訪れません。
シンジケートの中でユダヤ資本が占める割合はかなり高いです。彼らの目標は世界統一政府ですからそれがパンドラの箱の中の希望になるか?というとそうでもないでしょう。>しまじろうさん

シンジケートの構成メンバーはクリスチャンというよりも、彼らの理想に向かって走っているわけで、その理想というのが金融によって世界を支配し、世界統一政府を作ることなんです。その野望はほぼ完成されつつあります。
野望を阻止するには、FRBを政府の管轄にすることですが、それをやろうとするとケネディのように暗殺されます>ゑひもするさん
エイジ
2007/12/02 11:57
ありがとうございます、大変勉強になりました。
これからどうなっていくんでしょうか。憎悪、恐怖、絶望に振り回される悲しく辛い世界はもうたくさんです。
民を虚しくさせるそれらシンジケートを解体できるような、すばらしく優秀で徳や慈悲のある、柔よく剛を制す、という風に地上世界を平和に導けるような集団の出現を願うのは短絡的でしょうか。‥甘えでしょうね。
失礼しました。
ゑひも
2007/12/03 02:09
人間に憎悪や恐怖を与えるのはじつに一部の人間なんだと思います。
多くの人間は善良です。
しかし、仏教の考え方で考えれば、そのような境涯に遭うというのも因縁だとも考えられます。ですから個人個人が自分の住む世界に灯りを灯すようになれば人間社会もよくなってゆくのではないかと考えます>ゑひもさん
エイジ
2007/12/03 18:15
世界は私たちの
知らない力で
動かされているのですね

自分の頭で考えていかなければ
ck
2010/10/30 16:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
9/11の真実 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる