BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 潜在意識の話(努力逆転の法則)

<<   作成日時 : 2007/11/16 19:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 2 / コメント 21

先に書いた「潜在意識の話(夢想と理想の違い」の続きを今回は書こうと思う。

心臓を意志の力でバクバクさせることは不可能であるが、怖い事を想像したり、恋する相手を思い浮かべれば、いくら意志の力で心臓を止めようとしたとしても、心臓は別の意志を持った生き物の如く勝手にバクバクすることは誰しも経験したことがあると思う。

この原理は「想像力と意志力が衝突し、対立する場合、勝利をおさめるのは常に想像力の方である。」というエミール・クーエの法則と呼ばれるものであるが、このことにいかなる例外もないといわれる。

エミール・クーエは次のように述べています。


■ エミール・クーエの法則


1.意志力と想像力(イメージ)が相反した場合は想像力(イメージ)が勝つ。



2.意志の力で「努力するほど」否定的な想像力(イメージ)は強力となり、意志の努力とは反対の結果となる。



3.意志力と想像力が相反した場合は想像力の強さは意志力の二乗に正比例する。





これは、たとえば林檎が木から落ちる万有引力の法則のように、絶対的な法則の一つであるといえましょう。


この法則は、あるひとつの真理を指し示し、その真理によってクーエは有名になったといえる。

その真理とは、今回の首題の「努力逆転の法則」である。

それは「頑張れば頑張るほど、その努力とは反対になる」という理不尽な法則である。



岡崎のある住職の話をしよう。

住職は目の見えない一人暮らしの老人を慰問しにいったのだが、話の中で住職は目の見えない老人に
「ところでお前さんはどうやってご飯を食べてるのだ?」と聞いたそうだ。
老人は「配達される弁当を食べている」と答えた。
住職は言った「それじゃあまり美味いものを食ってないだろう。何が食いたい?」と聞いたら「タラコが食いたい」と言う。

そこで住職は「それじゃ明日の朝食に俺がタラコ入りの弁当を持ってきてやる」と答えたまでは良かった。
実際に朝食を持っていってあげると老人は大層喜び、「明日の朝はマッタケが食いたい。」と言う。

最初は軽い好意の話だったけれども、どういう訳か毎日朝食を届ける「お役目」になってしまった。

住職は軽々しく約束したことを後悔したが、「何事も慈悲」を実践する覚悟で毎朝、朝食を届けた。

毎朝、朝食を届ける住職を見て近所で、「あの坊主は目の見えない老人の財産が目当てに違いない」という噂が流れた。
そして、近所の人が住職が何かを盗む瞬間を見逃さぬように見張りに来るようになった。

この噂が住職の耳に入り、住職は大変腹が立った。
「人が好意でやってるのになんという罰当たりな隣人達だ。本来は隣人がやるべき事を私がやってるのに!」
しかし、仏道を目指す坊主なのでこの悪罵はぐっと堪えて、変わらず毎日朝飯を惨めな気分で届け続けたのである。

ところが、住職が思ってもみなかったことが起きたのである。段々、義務感や正義感で朝飯を老人に届けることに「楽しみ」が出てきたのである。要するに住職の心が変わってきたのである。

檀家から伊勢海老を貰った場合、「伊勢海老の天ぷらを入れてやると、さぞかしビックリするだろう」とか「この長芋は大層美味いのでとろろ汁でも食わせてやるか」とか思うようになってきたのである。

楽しみが出てくると、それに比例して不思議なことに老人の近隣の人達の態度が変化してきたそうだ。
「泥棒坊主」から「面白くて優しい坊主」に噂が変わり、隣人達が住職が来るのを楽しみに待って一緒に話をしたり差し入れしたりするようになったのである。

住職は「人様の為に、大変な努力をしても、嫌な気持ちや義務的な気持ちでやっていると、嫌なことや惨めなことを引き寄せるんだな。」と悟ったという。

その後、目の見えない老人がデイケアで滞在の最中に突然死するまで、毎日の朝飯の配達のお役目を果たし、振り返れば8年と3ヶ月と22日を以て、そのお役は終わりを告げたそうである。

努力すれば、その努力が必死なものである程、「この努力が報われないと悲惨だな」という否定的であり懐疑的な感情が湧き出たり、「イライラ、怒り、焦り」の感情が湧き出ることもあります。
その「マイナスな感情」がマイナスな結果を引き寄せるのであります。
であるから、私達は努力するときは決して悲壮感をもったりせずに、「喜びや楽しみ」を努力の中に見いだすことが非常に大切であると、クーエ先生は発見した訳である。
否、「結果を強烈に目的にして、悲壮感しかない努力するのは有害である」といっている訳です。

以前に書いた糸川英夫博士の「目的と結果不一致の法則 」の原理は、おそらくクーエの法則による作用と思われる。

私の経験からも、「惨めな気持ちで行動すると、ますます惨めな目に遭遇する。」のは真理だと考えるが、これは決して「あえて悪いことは考えずに都合に良いことだけ考える」こととは違うように思う。
悪いことを考えないというのは、もしも考えたら惨めな気持ちになったり、腹が立ったり、悲しくなったりするという場合である。それでは、無意識は「惨めな気持ち」を感じているに他ならないではないか?
ようするに、それでは真のポジティブな気持ちではなく、心が弱い夢想状態であるゆえに「プラスの意志」と「マイナスの想像力」が相反し、ベクトルが一致していないと思うのだ。

大事なのは、「良くも悪くも関係ない。」という境地、「途中で石油が見つかってもダイヤモンドの鉱脈に向かって掘り続けるという決意。」こそ、「プラスの意思」と「マイナスの想像力」を同じプラスのベクトル方向に向かわせる方法であり、不惑の境地を獲得する方法論として最上なのではないかと考えるわけである。
先に書いた「潜在意識の話(夢想と理想の違い」の中で述べたように、「不動の信念」が重要なのでありましょう。

少年野球の練習なんかでも「これだけ練習したら絶対勝つ」という悲壮な練習は逆効果の場合が多い。
「こんなに練習してもほんとに勝てるのかしら?」とかいう懐疑的な感情(イメージ)が必ず沸き出るものである。
それで、仮に試合に負けたら、「やっぱり練習しても勝てなかった」という負け癖がつきやすいのである。
負け癖がつくといくら練習しても勝負弱くなるもので勝てる試合でも信じられない様な負け方をする。これは負けるイメージが常駐するからであります。

そこで考え方を変えて、「俺たちは勝ったり負けたりするかもしれないが、最後には常勝するチームに為るまで決して諦めない。」と練習そのものに意味を持たせると、負けても挫けないようになり、だんだん勝負強いチームになるものであります。

結局、負け癖というのは、過去に負けた悪いイメージなのである。
しかしどんなに強いチームでも最初から勝ち続けたわけではない。

それでは勝ち癖を得るには?というと決して「良い結果だけを夢想する」ことではなく、「良い結果も悪い結果も最終目標の過程に過ぎない」という考え方によって得られると私は思う。
すなわち、常勝のチームとは、決して負けないチームではなく、負けた試合でも勝った試合と同じように感じるチームのみが成り得るのである。

悪いイメージは猛毒であり、一度憑依されるとなかなか払うことができないものであります。
悪いイメージを打ち消す方法は、悪いイメージは最終目的の過程に過ぎないと考えることであります。
したがって、もし勝ち癖をつけたいのならば、第一に「勝ち負けに毒されない深遠な目的設定」がもっとも重要であると自覚することではないかと私は考えるのである。

参考になる人は参考にしてください。


最近、考えを文章にすることの難しさを感じる今日この頃。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
正心調息法
「ちょっと見てくれる?」 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2009/05/06 19:01
成功者の一つの共通点
私は多くの成功に関する考察を書いている訳ですが、 結局、成功者には、一つの共通点があり、 それを知らないと、成功の方法論は、絵に描いた餅になります。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2015/12/08 20:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも素敵な話をありがとうございます。
rie
2007/11/16 20:36
住職さんの話・・・こういうの好きです。
ひょんなことで始めた事に、徐々に喜びを見出す。どうせやるのなら、嫌々ではなく、楽しんでしまった方が上手く行くと思います!こういう心の変化は良いですよね*^^*修行しないとこうは行きませんかねぇ。。。
みどり
2007/11/18 10:20
こんにちは。
今回もなるほど納得のお話です。
惨めな気持ちになると
益々惨めになるという深みに嵌ることはありますね。
負け癖から勝ちを意識するようにするには
揺ぎ無い不動の信念が必要なのも解ります。
その意味では、
いつも土壇場で勝負弱い田舎チーム(言い過ぎか)のドラゴンズを
日本一にさせた落合監督は凄いと思います。
だからこそのあの采配だったんでしょうなと思う今日この頃です。
それを見届けて逝った彼の師匠の稲生さん、
まるでドラマのようですね。

しまじろう
2007/11/19 11:25
こばんty−エ〜イジ;P
マィナスがマィナスを弓lき起こすなんてg−nなこねこですノU・
もぅ勝負の時は迫ってぃて12月なんでU!!  ・・・sigh・・・

ゃっぱリ、だめDAAAAAAAAAAA
だってぇ12月の勝負の結果を想像すると心臓がdkAするUぃ
今ヵら不安lニなるぅよぉ;ω;
そぅ思ぅ事自体潜在意識をも動かす程の信念とかけ離れてる
んナニ゛ょね????!?

ぁでも、今年になるぞ!って頑なlニ決めてナニんナニ゛ょ。
それはやめち。
12月の結果を思うとdkdkして不安lニなるlナど、
もUダメなら来年も 元頁 弓長 る お ! !
┃┃¨╋┓な私lニぃっもァドバィスぁリがとね?
こねこ。
2007/11/19 20:42
わかったような?わからないような?
深い話ですね。
要するに努力とは苦しんでするものではないということでしょうか???
苦しんでする努力は成果に結びつかないと言う事かしら?
勉強…成果が出るか否かより「知るを楽しむ」事が大切ってことですかしらね〜。
サンタママ
2007/11/20 09:28
良くない結果には、原因を探して改善していく繰り返し、
それだけでいいということですね?
極める人というのは、そういう風に淡々としてシンプルに見えますものね。
きっと雑念で目的がぶれたりしないのでしょうね。すごいですね。
ありがとうございました!
ゑひもする
2007/11/20 20:34
ありのまま、実力どおり。
原因と結果。思うようにして、したようになる。
すみません。
ゑひも
2007/11/20 21:36
ただそれだけかも。。。

2007/11/20 21:37
rieさんいつも読んで下さってありがとうございます。
自分にとって、blogは自分の考えをまとめる勉強のようなカンジです>rieさん

どんなに立派なことでも、どんなに詰まらないことでも、まして厳しい中にあっても
どこかに楽しみを見つけるということは運命逆転において非常に大事なことのようです。
鏡の法則みたいなもんですね>みどりさん
エイジ
2007/11/20 23:40
潜在意識にとって、主語は無いようで、「アイツは嫌い」の「アイツ」の部分が無くなって、「嫌い」な部分と共鳴する運命が引き寄せられるようであります。
従って、どんな行為においても、またどんな状態に置かれようとも「義務感や悲壮感」よりも「楽しさや充実感」を感じる日々を送りたいと思う今日この頃であります。>しまじろうさん

こんばんわ。こねこP。
大事なのは12月に失敗しても成功しても。そんなの課程に過ぎないという決意なんですよ。
倖田來未は何回もオーディションを落ちたけれども、決して諦めなかったのです。もしも倖田來未がオーディションに落ちて諦めていたら成功は掴めなかったでしょう。
夢の鉱脈に突き当たるまで諦めないでね>こねこ。さん
エイジ
2007/11/20 23:51
もちろん勉強には努力が必要ですし、テクニックも必要です。
その前に勉強する熱意を如何に獲得するかが重要なんですね。
たとえば、彼女がいる男子と彼女がいない男子とでは、明らかに彼女がいる男子の方が勉強やスポーツを頑張れると思うのであります。>サンタママさん
エイジ
2007/11/21 00:02
ゑひもするさん。はじめまして。

おっしゃるとおり、結局、何度も繰り返し、成功するまで諦めないということが大事なんですが、もっとも大事なのは「高らかに諦めないことを決意する」ということなんです。

そして決意した後に訪れるであろう運命を「選り好みしない」ということなんですね。
たとえば、「彼女が出来るまで決して努力を諦めない」と決意したとします。しかし「●●さんを彼女にする」では駄目なんです。
「自分が好きで相手も僕が好きな人を彼女にする」というように「結果は漠然とした状態」であり、重要なのは「自分の心の満足」を目的とすることなんです。
そして決意すると、必ず運命は動き始めます。
そこへあんまり好きなタイプじゃない女の子と仲良く成れたとします。そこで彼女よりももっといい子がいると思ったら駄目なんです。そこでその子と真面目に交際すると次の展開が始まるのであります。
ここが非常に不思議で重要な話なのです。運命によって与えられたチャンスはすべて最高の結果につながる小波なので、自分で選り好みした途端に運命の輪は止まるのであります。


エイジ
2007/11/21 00:08
こちらこそ!はじめまして。無礼をお許し下さい。

図星です。運命という流れに逆らわない、
本題から目をそらさない、自分の人生から逃げず
受け入れて消化しながら突き進む、
これがスムーズにできたらどんなにいいでしょう。
いつも余分な欲やエゴが、勇気を、人間的成長を
阻んでいます。人生劇場のいちキャストと
しての私は登場せず、まさに私の運命の輪は
止まっているかもしれません。弱虫ですね。
(生きているだけで僅かには動いている???

運命の不思議を話されるエイジさんは、ずばり
神などと表現されている「何か」を信じますか。
それをどんなものと説明されますか?
お答えは、もしよろしければです。

ありがとうございます。
ゑひもする
2007/11/21 15:20
初めまして。以前から拝読させて戴いてます。

なんだか今まさに必要だったヒントでしたので
思わずコメントしてしまいました。
"不動の信念"、・・・うーん、難しいなぁ、
って言ってるうちはまだダメですね。

とりあえず、嫌々ながらするくらいなら心を平坦に事務処理して
いちいち感情の匂いをつけないことから始めます。
サエ
2007/11/22 15:21
たとえば、神として
1.宇宙の法則としての神
2.心霊としての神
があると思いますが、どちらも信じております。
すなわち、1.を信じる根拠は、因果律や物理の法則が疑う余地なく存在するからです。
また2.を信じる根拠は、霊魂があることも疑う余地がありません。人間の霊魂が存在するのならば神霊の存在もあるでしょう。
私が興味がある大きなことは、人間という世界(マトリックス)の中で最適に生きる法則であります。
したがってかなり異質な話もあると思いますが(汗)>ゑひもするさん

サエさん。はじめまして。
わかりますよ。嫌々でやむを得ずという感覚ですよね。

私はボランティアをやっておりますが、好意でやっても文句を言われることがあります。
それで「ボランティアでもうまくできて当たり前、失敗したら文句を言われるのは当然である」という一種の高いところから見た視線でやっておりますよ。
すると、なんだか楽になります>サエさん
エイジ
2007/11/23 09:30
よかった!私も何かを感じて信じています。頭が良くないので、エイジさんのように知識や知覚を理論的に系統だてることができないのですが。
>(汗)
そんなそんな(^_^)/ 異質も同質も関係ないと思います。あるのは本質だけですよね。言語化、文章化するのがむつかしいことをこれからも勉強させてください。それにしても一体全体どうなっているんでしょうね。高次元の調和ってどんな感じなんでしょうね。3次元の脳での理解を超えるのでしょうか。でも調和ってなんだか明るくて温かい響きがありますね。。。
何にしても、地球人の未来を信じてゆこうと思いました。とりとめなくてホントにすみません。ありがとうございました。
お優しい方へ。
ゑひもする
2007/11/23 19:22
やればやるほど空回り〜。
こんなに頑張っているのに何で?何で私だけ損するの?何で?
そう思った瞬間に、どかーんと吹き飛ばされて振り出しより800ヤードぐらい戻りますね。パー7って所ですが、どうやらグリーンが崖の途中にあるようです。。。何とか遅れを取り戻さねばと焦ると、大抵一打目で大シャンク。
で、何かはっとしたりして。っつーか、私って何やってるわけ?みたいな。
やっぱ「こんなに」とか「これだけ」とか恩着せみたいなのはダメらしいね、人生。まー神様は何でもお見通しだしね。やっぱ謙虚にならないといけないのだねー。私今すっごい再起動クリックしたい気分なんですが、とりあえず信念貫きますです。

2007/11/24 13:02
やはり大事なのは私達が実際に幸せに暮らしていけることだと思います。いわば人間の調和ですよね。
私が思うに、人間の大多数は善人ですが一部の悪人によって世界が混乱していると思います。>ゑひもするさん

いや。ビルゲイツだって成功者は誰でもめちゃめちゃなスピードで走ってきた人ばかりです。
ただ彼らは謙虚であったというよりも「楽しくてしかたがない暴走」であったという点が大事だと思うわけです。
いわば、食欲のような仕事っぷり?
仕事をすることが食欲と同じなんですよね。きっと>若さん
エイジ
2007/11/25 20:42
しあわせ、の内容が皆の共通のものになればいいですね。。。
ゑひもする
2007/11/26 17:55
こんにちは。
努力と思われることの中に楽しみを見出す境地。
参考にしたいと思います。
kourin
2009/02/06 14:09
kourinさん。こんばんわ。
お互いにがんばりましょう。
エイジ
2009/02/06 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
潜在意識の話(努力逆転の法則) BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる