BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 金持ちが絵画マニアになる理由

<<   作成日時 : 2007/09/21 20:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 13

なぜ金持ちは「絵画収集」を趣味とするのであろう?
たとえば、富裕層の生まれでないビル・ゲイツも、成功した後は絵画の勉強をし、今では立派なコレクションを持っている。
私が想像するに、コンピューターのプログラミングを必死にやって、いつもマクドナルドのビックマックを食っていた頃のビルゲイツは決して絵画なんかに価値を感じなかったと思う。

金持ちになった途端、いかなる理由でビルゲイツが絵画に興味を持ったかを普通に考えると、芸術性に目覚めたとは考え難く、「資産投資」の為とか、「ステイタス」の為とか考えられるであろう。

しかし、ビルゲイツの絵画に関する造詣の深さは、どうも資産やステイタスの為だけではなく、自分の好みの絵の収集家であり、実際に「芸術性に目覚めた」としか考えられない節がある。
私の知る金持ちの人々も「絵画マニア」が確かに多い。そして彼らは皆、昔から絵画に造詣が深かった訳でなく、金持ちになってから「絵画マニア」になった点はビルゲイツと同じである。

じつは、金持ちが絵画マニアになる理由は、単に資産運用の為だけでなく、ある理由で実際にマニアになってしまうのである。

絵画にはいろいろな鑑賞方法がある。
絵画鑑賞は鑑賞者と絵画、あるいは画家との対話のような過程であるから、いろいろな方法があるのは当然であるが、美術評論家によれば「絵画好き」と「絵画に興味がない」の差は絵画を鑑賞する動機の違いによって生ずるという。


たとえば、昔のビルゲイツのように、絵画に興味の無い人はあまり美術館とか行きたいとは思わないであろう。
それは、単に「絵画を見ている」からである。
だから絵画をを見ても「ほーそうなの?だからどーした?」とか
「ふーん これが本物のダリの絵な訳ね」とか
「これがゴッホなんだ。なんでこの絵が数億なんだろう?」くらいしか感想が無いのである。
そして美術館を出た途端、時間をなんとなく浪費したような気がするのである。

ところが、「もし自分が絵画を買うつもり」いわゆる購入の目的で絵画を鑑賞すると、途端に絵の見方が変わるそうである。
「ほーそうなの?だからどーした?」と言っていた人でも「自分の部屋に飾りたい絵」や「購入したい絵」を探すつもりで絵画を見ていると、必ず「この絵が好きだ」という絵画に出会うようになる。
そうすると、この絵がどのように素晴らしいかを人に語るようになる。
また買った絵を深夜に見て、芸術ゆえのため息をつくようになるそうだ。
すると、今度はだんだん絵画が好きになっていき、いつのまにか投資に留まらず絵画マニアになってしまうそうである。

どんなに絵画に興味が無い人でも、絵画を見る動機が、「自分が損も得もしない動機」から「自分が得をする動機」に変化すれば、必ず好きな絵画を発見でき、いつのまにか絵画好きになるという心理こそ、「金持ちが絵画マニアになる原理」であろう。

この原理は、たとえばミュージシャンでも見られる。
桑田佳祐や他の多くのミュージシャンが、ミュージシャンを目指した最初の動機が「女性にモテルから」という理由であったという話はよく聞きませんか?

桑田やミスチルの桜井が女性にモテる目的のミュージシャンから段々欲が変わってきていつの間にか偉大なミュージシャンに変わったのも、「金持ちが絵画マニアになる原理」と同じはなかろうか。

従って、どんな分野でも一流になるのは、どんなに不純でもいいから自分がワクワクする動機づけが大事なのだと理解できる。

それは日常の些細なこと、たとえば、気の乗らない仕事や役割を果たす場合でも、最初の動機すなわち「やらされている」とか「やらねばならぬ」というような一種の義務感が問題なのであって、最初の動機を「自分の得」となるワクワク要因を見つけることができれば、案外楽しくできるようになるであろう。


かの明治維新の偉大な英雄である高杉晋作をして、夜に恋人とデートがあるので午前中に戦争を始めたというではないか。

きっと高杉晋作はワクワクして戦争してたに違いない。
だから結果も出て英雄になったのである。


高杉晋作の名言を最後に贈る。

おもしろき こともなき世を おもしろく

by 高杉晋作

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
流行は富裕層から始まる
私の世代は、ベンツやジャガーに乗りたい世代である。 デートでは車は必須であり、男同士の見栄の象徴でもあった。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2012/08/06 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、面白い。
野望ですか、これっていわゆる。
元々の動機が不純でもさ、やってるうちにそんなのどうでもよくなるっていうか、とりつかれたように打ち込んじゃう事ってあると思う。そうなると飛躍できるのかも?
匿子
2007/09/22 22:26
若子さん こんばんわ。
いわゆる「牛に引かれて善光寺」みたいなもんではないか?と思う次第です。>若子様
エイジ
2007/09/22 23:49
牛に轢かれて善光寺で仏になったという意味ですか?>若子さん
アッシー
2007/09/23 00:22
そこにツッコミかよっ!
突っ込む所が違いますよ。アッシーさん。

昔、東海に欲の深い老婆がおった。
「お婆さん。一生に一度は善光寺だでよ」
「たわけたこといっとたらかんわ。そんな遠くへいったら金がかかりまんがな。わしゃイカンぜよ」

ところがある日のこと。牛が婆さんの大事な着物の反物を角にひっかけて走り出してしまったそうな。
「どこへいきんしゃる。それはめちゃんこ高い反物でござるぞ〜」
と欲につられて老婆は牛を追いかけてたと、どんどこどんどこ牛は長野まで走って善光寺の前で突如、姿を消したそうな。

そうして老婆は善光寺参りをしたのだが、それから熱心な信者に変わったそうな。

牛は老婆を欲でつって、仏縁を作ったのです。>若子さん
エイジ
2007/09/23 12:25
私は最近牛を食べる欲が高まっています。
狂牛病が怖くて牛断ちしてるので。
そういうこと?
若子
2007/09/24 10:25
もしかしたら 若子さんは
牛若子さんではないでしょうか?
間違ってたらごめんくさい。>若子様
エイジ
2007/09/24 12:29
ゲージツからいつの間にか、うしの話にとんでるところが、
ここのナイスなところでやんす。

狂牛病?汚染された骨髄の部分より遠いところをくってれば
大丈夫・・・・なはずですが、どうなんでしょ?ほんとに
どうなんでしょ?

絵ですが、金持ちと絵画の関係は、案外マズローの法則
で解明できたりして(お師匠に任せよう)。

でも、以前プーシキン美術展で、マティスの金魚と
マルケのオンフルール港を観て、感動のあまりに
痴呆状態になったわたしとしては、オリジナル絵画のもつ
魔力を思い知らせてます。お金あったら
オトナ買いしたいとおもいますよ、ほんと。
どーまる
2007/09/24 12:53
知り合いに家のローンが終わりに近づいた頃から、毎年三重から東京銀座まで絵を買いに行く夫婦がいます。
そのお宅にお邪魔したらまず絵を愛でて褒める事から会話が始まります(汗)。今ではローンも終わり、居間中絵画が・・・。
レセママ
2007/09/24 21:30
知的な方向に修正して頂いてありがとうございます。
プーシキン美術館は是非行ってみたいです。
というかロシアに行きたいです。
絵画の持つアウラは言葉には出来ないような迫力がありますよね。
美術史に残ってる画家はやはり凄いです。>どーまる様

おお すごいっすね。
宝クジでもあったのではないか?
ちょっと疑惑がありますね>レセママさん
エイジ
2007/09/24 22:50
絵を見るのは好きですが、画家や画廊のエラソウな態度は内心
「何を勘違いしてるの?」と言いたくなりますね。
名古屋の画廊も老舗は やたら、もったいぶっていますが、
そんな時、「軽井沢の画廊」を見てきたら!って言いたいです。

ま、軽井沢は、もともとお金持ちの人々の生活エリアです。

たとえば、旧軽井沢の、商店街にある画廊に、まるでガレージセールのように、何気なく無造作に置かれている絵が、「中島千波」の本物の桜の絵で、結構いい値段でした。その横を見ると、奇跡のピアニスト・フジコ・ヘミング自身の描かれた絵でした。

こういう展示の仕方、このランクの絵では、名古屋の○画廊や、○○画廊ではありえません。軽井沢の画廊の、このあまりの敷居の低さは名古屋ではちょっとでは考えられないわー!!!と思い、店主に尋ねたら、軽井沢では、それが普通とのこと。
たかが絵なんだから、権威ぶっていたりするのは、軽井沢流じゃないよって言っていました。

要は 格差社会の頂点のエリアだから言えることなのかもしれませんが、伸び伸びしていて、すごーく自由な雰囲気にちょっと感動しましたわ
KISHIKO
2007/09/26 00:14
ぶっちゃげ
名古屋は田舎なんです。
なんといってもアイスクリームに味噌味があるのですからね。
やはり文化的な歴史が違うというのは他のセレブが多い地域とは明らかに違いますね。
しかし、道路の広さと建物の大きさ、およびコーヒーカップの豪華さやモーニングサービスのセレブ加減は他の追随を許さぬ大いなるど田舎です。>KISHIKOさん
エイジ
2007/09/26 18:36
牛若子でわありません。
絵っていつ見ても驚かされるよねー。
えっ??
若丸子
2007/09/29 08:48
銅管じゃなくて同感ですな。
絵っていつみても ええもんです。
えええやわ〜>牛子様
エイジ
2007/09/30 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
金持ちが絵画マニアになる理由 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる