BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 開運整形の話

<<   作成日時 : 2007/04/29 16:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

ここのところ、バタバタとする機会が多かった為であろうか?
休日には何となく、特に今日のようによい天気だと家の中でボーとしていたい。
皆様お元気ですか?

そんな訳で、家でテレビをボーと見ていたら、「整形手術」の番組をやっていて、「お寺の青年僧侶が整形をしたい」という内容であった。
話によれば「鼻が貧弱だと運勢が貧弱になるので鼻を大きくしたい」という。いわゆる開運整形な訳である。

青年僧侶は、やたら大きな鼻の効用を強調するのであるが、芥川龍之介の小説では「鼻の大きな僧が鼻を小さくしたい話」もある。
どちらも、世俗から解脱すべき僧侶が外見の煩悩に悩まされているような滑稽な話にも考えられるが、本当の理由は違う所にあるように思う。

私達にはいろんな夢がある。色んな欲しいものがある。
それは、お金であったり、権力であったり、健康であったり、家族の幸福であったりする。
しかし、よく考えてみれば、私達の欲しいものは「何かしらの獲得」ではなくて、実は「良い感情の獲得」なのではないだろうか?
本当はお金が欲しいのでもなく、権力が欲しいのでもなく、実は「幸せな気持ち」を獲得する事を求めているのである。
私達が求めているのは、すべて「感情」に他ならない。

これと同じく、青年僧侶は、「開運」を希望しているようで、実は「自分の心の満足」を欲していると思われる。
したがって、世俗から解脱して安心を求める僧侶が、開運整形をして「心の安心」を求める気持ちは動機の点では同じ発想であり、矛盾は無いと思われる。
しかしながら、どうやらこの青年僧侶は仏教の開運方法を知らないようである。

今回は仏教の「開運方法」についてBLOGをしようと思う。

仏教の話で「長者の息子」という話がある。(「法華経信解品第四」の「長者窮子」)
 「ある富裕な大金持ちに一人の息子があった。その息子は父の知らぬ間に50年もの間、諸国を流浪し、知らぬまに落ちぶれて故郷に戻って来る。しかし、落ちぶれた息子は、父の家の前までくるが、彼にはそれが自分の実家であることさえわからない。
かえって威徳ある父の姿を見て、恐れおののき、奴隷にされると考えて逃げ去ってしまう。
しかし、父は息子に気づき、使いをやって彼を連れてこさせる。
しかし、息子は父の家では恐怖のあまり失神してしまう。
父は事情を察して彼を自由にしてやり、息子は貧民窟へと戻る。
父は一計を案じ、汚い服を着て貧民窟の息子に会いに行き、息子を傭い人として働かせた。
父であることを打ち明けずに、こうして20年を経て、死期の近づいたことを知った長者は、親族の者たちを集め、彼が実の息子であり、財産をすべて譲ることを告げる
窮子は父の言葉を聞いて「私はもともと何も望んでいなかったが、今やこれ以上ない宝を自然に得ることができた(無上の宝珠を求めずして自ら得たり)」と大いに喜んだ。」


この話の重要な事は、お金持ちの財産とは、「私達の欲する物」であって、具体的に何かを示されていないことである。

それは、お金が欲しい人には「お金」と考えるであろうし、僧侶ならば「成仏」と考えるかも知れない。病気の人は「健康」と考えるであろう。

「長者窮子」の例え話が教える所は、私達は宮殿に住む住人であるにも係わらず、貧民窟に住むことが自分に合ってると思いこんでいることである。その原因は、金持ちの父を忘れて放蕩した為である。
しかし、金持ちの父は、そんな馬鹿な自分の息子に全財産を渡したいと願っている。
しかし放蕩息子が、莫大な財産が自分に相応しくないと考え、財産を望まないので財産を渡せないのであるという。

仏は教える。
「汝は仏の加護を相続する人間であるにも係わらず、仏の加護を受ける価値のない人間であることを反省しなさい。そして懺悔しなさい。そして望みなさい。あらゆる幸福を望みなさい。その望みは必ず成就するであろう。」

仏教もキリスト教も大事なのは、「懺悔」である。
人間は真剣に懺悔すると、感謝が産まれてくる。
その感謝の気持ちは、「自分は許されている」という「かたじけなさ」に近いものであろう。
懺悔とセットになっていない感謝は本物の感謝ではないかも知れない。
西行が伊勢神宮を参拝した時に感じた

なにごとのおはしますかはしらねども
かたじけなさになみだこぼるる

「何がいらっしゃるのかは知らないが、有り難さに涙がこぼれる」の心境こそ真の感謝であろう。
感謝の気持ちには、一抹の欠乏感さえ存在しない。

仏教の開運方法は、この「感謝」と出会うという点が秘鍵なのでありましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
開運の為の整形といえば、俳優ジェット・リーがココロの
師匠(こう書くとモーレツあ太郎のココロの親分みたいだ)
に鼻のほくろを取ることを勧められ、そのとおりにしたら
その日のうちに海外からおっきなオファーが来た、っていう
話を思い出します。卑近な例ではゲジゲジ眉を毎晩手入れして
整えた途端、高収入も彼女もゲットできた友人もしってまして。
だから開運整形もありかも。


もっともその青年僧侶、なんか腰が定まってない
ような。なりたくてなった訳でない世襲の
坊さんのような感じですね。ほんとはケーキの
パティシエになりたかったのに、嫌々・・・
彼は開運前に自分のやりたいことを探す
ほうが開運かも。え、寺は誰が継ぐのかって?
なんだったらあてくしが養子にはいって継いで
あげてもよござんすよ。
どーまる
2007/04/30 11:14
日本ではまだまだ何か大層な大義名分をかざさないと整形と言うのは許されないんですね〜。何とかコロシアムと言う番組もありましたけどすごい理由をあげつらわないといけなかったですものね〜。

「長者の息子」は聖書の「放蕩息子」の話と良く似ているな〜と思ったらラストは違うんですね。ざんげする息子と許す父という点では同じですけど・・・
整形して開運・・・あんまり科学的ではないけれどまあ御本人が納得されているなら良いんでしょうかね〜。思ったような運が開かなかったら何かのせいにしそうなお坊さんではありますよね。
サンタママ
2007/05/01 08:32
はじめまして。
指の湿疹で検索して、ここに辿りつきました。
お坊さんの美容整形の番組、うちも見てました。
おっしゃるように、心が満たされなくて人は迷いますね。
あのお坊さん、自分は満足したのかもしれないけれど、
檀家は離れていくんじゃないかな。
うちのムスメの顔は、客観的に見て、すこしいじるとかなり美形になりそうで、もし将来、整形したいと相談されたら、どう答えようかと悩んでいます。
もし、それで大満足で一生幸せな気分で暮らせるなら、それもいいと思うんですが、欲望にはきりがないといった感じで次から次へと整形せずにはすまなくなるようでは地獄です。
何でもできるご時世は、迷いも多い。
何が幸せか、見極めるのは難しいですね。
五紋
2007/05/01 20:54
おはようございます。
しかし、修行が足りませんな、その坊さん(^_^;)。
人に道を説く立場の人間が開運してどうするんでしょうか。
プロフェッションのかけらも感じられませんね。
心に欠乏感がない。究極の悟りですね。
伊勢神宮に参拝しても涙がこぼれない僕はまだまだでございます。
そもそも西行と比べるのに無理がありますが(^_^;)
しまじろう
2007/05/02 08:34
大金持ちで話題の斉藤一人さんも
髪の毛をピカピカに光らせるとか、おでこを光らせるとお金が儲かるとか言われますので、これも一種の形から入る開運整形の一種でしょうね。
どーまる様の話と合わせると、効果はあるっ!ように感じますね。>どーまる様

聖書の「放蕩息子」の話と仏教の「長者窮子」の話は
どちらも双璧をなす感動の話だと思います。
思うに、聖書の話のほうが、より感動的ですよね。
泣けます。
どちらも原理的には救済方法を示しているので宗教的な真理と位置づけてよろしいと感じる次第です>サンタママさん

エイジ
2007/05/02 17:59
五紋様。はじめまして。
すべてを求めてすべてを得られるのは理想のようでしょうが
求めるという気持ちには「不足」がある故であります。
理想は「すべては持ってる」という満足にあると考えられるので
整形で求める場合は、出発点が不足であるゆえに、結果的には必ず不足という結果になると思われますよね>五紋様

密教では、「すべてはここに在る」という確信によってのみ、奇跡が起きるといいます。
マトリックスの一場面で
スプーン曲げで「スプーンは曲がると思ったらスプーンは曲がらない」という話がありました。
「スプーンが曲がる訳がない。」のが常識なのです。
けれども、スプーンは曲がるのです。
「これはスプーンでない。」という確信によってスプーンが曲がる。
というマトリックスな話がありました。>しまじろうさん
エイジ
2007/05/02 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
開運整形の話 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる