BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄色がお金を引き寄せる理由

<<   作成日時 : 2007/04/13 18:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 1 / コメント 18

テレビショッピングで「金運財布」の販売をしていましてね。
いかにも金運グッズを売って金持ちになった風の女社長が次のように言った。

「財布の中に金色の紙を入れておくと、お金が入ってくる」
その理由は
「金色や黄色の波動がお札の波動と等しいから」
だそうだ。

画像

ようするに「類は友を呼ぶ」とか「おカマの回りにはおカマが集まる」という諺と同じと思われる。

「類は友を呼ぶ」という現象を真面目に解明しようとした学者も多く存在するが、最も有名なのはケンブリッジ大学教授ルパ−ト・シェルドレイク(Rupert Sheldrake)が唱えた仮説で形態形成場(モルフォジェネティク・フィールド)仮説とも言われる。
これはシェルドレイクの仮説として有名な一種の「疑似科学」である。

私の経験上、笑い話のつもりでこんな話をすると、お金持ちの人ほど、こういう類の話を否定しないで「うんうん。なーるほど。」と妙に納得してしまう傾向がある。
お金に縁がない人ほど「お前馬鹿じゃない?」という傾向があるのも事実である。
これも「類は友を呼ぶ」理論でいえば、お金持ちは「疑似科学」を信じやすい人が多いとも考えられる。

そこで私はお金持ちを見習って「お金と黄色は同じ仲間」である理由を誰もついていけないレベルで解明しようと思う。



■黄色の特殊性・・・・・高貴であり低俗な色

幼児の好きな色のトップは「黄色」であるが、成人の嫌いな色のトップが「黄色」だという統計結果がある。
これは芸能人で「抱かれたい男性タレント」の1位福山雅治と「抱かれたくない男性タレント」1位の出川哲朗が同一人物であるという事と同じようなものであろう。

この「黄色」だけにみられる「最高と最低を合わせ持つ」という両極端な傾向は、たとえば古代中国では、黄色は皇帝・皇位を表す色として重宝されるが、同時に黄色は「ポルノ」のことを「黄色」と言うなど、中国語で「黄」のつく言葉には悪い意味の言葉がほとんどである。
日本でも日本の五穀豊穣を祈る祭りで、天皇が着る服は「黄色系」である。

西洋でもこの「黄色」の両極端な性質はみられる。キリスト教の世界では、黄色は裏切り者の色とされている。これは、最後の晩餐でユダが着ていた服が黄色だったと言い伝えられているかららしい。
従って、西洋社会では、犯罪者には、黄色系の服を着て服役させるという習慣ができたそうだ。
しかし、同時に黄色は太陽の色であり、金(gold)の色でもあるとも言われる。

では、黄色の持つ波動を考えてみよう。
黄色という色は、青い光と赤い光という両極端の色が同時に混じって出来る。
しかし、人間の網膜には、「赤・青・緑」の三色の色しか認識できない。
なぜ、黄色が認識できるか?というと、黄色の波長とは、緑と赤の波長の光で合成されたものであるが、黄色の光が網膜(目)に入ったときは、黄色の光の中にある赤の波長が赤を、緑の波長が緑を感じるそれぞれの神経を刺激し、「黄色」と認識するのであるそうだ。
黄色は、実際に見える色ではなくて、脳の中で創り出される「この世に存在しない色」であるともいえましょう。

ここで注目すべきことは、波動的にも黄色には「青」と「赤」の両極の波動要素が同時に存在するという事実である。
この両極を合わせもつという性質こそ黄色だけが持つ特殊な性質であろう。


■黄色の特徴・・・・・黄色と性愛とお金は同じ仲間

さて、この両極を併せ持つという性質は、お金も同じであろう。
なぜなら、お金は「大事な物」であり「人が渇望する物」でありながら、「汚いもの」とか「卑しいもの」という側面もある。
だから黄色はお金と同じ波動を持つと考えるのは正しいのである。

ところで、「性愛」も同じような性格がある。

「性愛」も「黄色」や「お金」と同じく、「大事な物」であり「人が渇望する物」でありながら、「汚いもの」とか「卑しいもの」という側面がある。言うまでもなく、「性愛」が神聖視される理由は子供を生むことであり、罪悪視される理由は「快楽」の為であろう。

したがって、中国で黄色を「ポルノ」と呼ぶのは正しい認識なのであって、さらに人類が太古から「性愛」と「お金」を等価で取引したのも、「性愛」と「お金」が同じ類であり、同じ波動を持つからに違いない。



■黄色は両刃の剣

仮に「同じ波動のものは共鳴し集合増幅される」という理論が正しいのならば、お金の持つ二つの性質が極めて大事なのであり、恐るべき結論に到達するのである。

それは、黄色的な波動は、良い波動と悪い波動の両方を持つゆえに、黄色の波動の使い方を誤ると金持ちどころか貧乏になるということも考えられる。

すなわち、財布の中に黄色の紙を入れておいたら、ますますお金が無くなってゆくことも考えられるわけである。

よって結論をいうのならば、お金を吸い寄せるには、「お金を汚い」なんてこれっぽっちも思ってはいけないと結論される。否、「お金を拝む」ほどの気持ちがあって初めてお金の波動を集められると考えられる。
逆に「お金は汚い」とどこかで少しでも思っていると、いくら黄色の紙を財布に入れていてもお金のよい面の波動は集まってこないばかりか、貧乏になってしまうと考えられる。

じつに恐ろしい結論でありませんか?

世の中で、才能や努力が同じなのに、「めちゃめちゃな金持ち」と「めちゃめちゃな貧乏」に分かれる理由も、じつはこのお金の持つ「黄色の性質」故ではなかろうか?

前に「お金持ちの人ほど、こういう類の話を否定しないで「うんうん。なーるほど。」と妙に納得してしまう傾向がある」と書いた理由もこの推論に合致するかも知れない。
すなわち、「お金は美しいもの」と信じて疑わないほどの単純な脳細胞の者こそ、黄色のよい波動(繁栄)が集まって金持ちになる。


■お金を拝む

どんなことでも、良い面と悪い面がある。
仮に良い面だけを信じて疑わない人間がいたとすれば、一種の「奇人変人」であろうと思う。
しかし黄色の波動こそ、「奇人変人」の波動を示しているとも考えられる。
知り合いの庭師が言っていたが、「金持ちは人と同じ物を嫌う」そうであるが、やはり金に縁がある人の多くが「大部分の人とはどこか違う」のは確かである。

信じる者と書いて儲けると言う。
お金自体が汚いものではなくて、お金を拝めない心の意固地さこそが汚いのかも知れない。

私も自分の結論を信じて、お金を拝んでみようかな?




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 40
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
誕生日♪
 皆さん、こんばんは。 ...続きを見る
ぜぇーりしさんのたまご@修行中
2007/04/14 18:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
いま黄色⇔お金⇔女性・・・っていう
法則を考えてまして。いずれも共通項があるなあとおもいます。

お金ってエネルギーの一種として考えれば、
仏教では「天部」と呼ばれる神様にも似ているような。
神様なんだけど荒神の要素がのこってて、けっこう
我侭だったりする。とくに女神系の「弁財天」様や
「ダキニ天」様(一応敬称つけとくっす)に共通した
要素が。健気にマメに尽くせばご利益あるけど、ないがしろに
したら罰がてきめん。お金も、トイレの床におちている
1円玉でも大事に拾い上げてくれる人には尽くしてくれるけど、
大事に使わない人のところからは去っていってしまいます。
女性もそうですし、あと、黄色の服は優しく手洗いしないとすぐに
くすみます。マメさが要求されるある意味「人を選ぶ色」。

うーーん、似てる。ってことはお金持ちになりたかったら
嫁や母や女友達を拝み、女神として崇める、ってのもありかな?
西に黄色、よりは効果あるかも・・・
どーまる
2007/04/14 13:03
眠くって死にそうな頭には難しくって良くわかんない〜(^_^;)
女の子はニコニコ笑っていれば不自由しないのよね〜♪
でももう女の子じゃなくなったから苦労するわ〜(泣)
サンタママ
2007/04/14 17:57
こんばんは。
先日嫁に黄色の財布をプレゼントした者です。
両極を併せ持つ黄色。
お金も同じ波動を持つということは、
まさしく、
”ご利用は計画的に”
ですな(笑)。


しまじろう
2007/04/14 21:45
おぉ、奥さまに黄色のお財布をプレゼントなさった方がいらっしゃるのですね。素晴らしいです。
私も最近、自分用に新しい黄色の財布を買い求めました。
これを買ったら財布の中身が寂しくなりましたが、今後の金運に期待いたしましょう。
でも、黄色が金運アップという説が広がっているため、買い物で財布を出すとき、チョット、恥ずかしく思うこともないことは、ない。
チマタで、鮮やかな黄色で、金の蛇の絵が印刷されている高額な財布が売られているようですが、それとは違うんですよ。
また、春にしか着られませんが、黄色の春コートを着て通勤しています。
これは、『チャリの私に気をつけて』とドライバーにうったえているもので、小学1年生の『黄色い帽子』と同様でございます。
以上、春の交通安全運動でした。
かな
2007/04/14 22:30
確かに、お金と縁がある神様は女神が多いですね。
あと大黒天のような元吸血鬼も多い。
その中でも、強烈なお金の神様として語るのも怖れられる聖天という神様がおりますが、この神様はもともとは極悪な悪神であったが、「観音様が結婚してくれたら改心する」と注文を付けたらしいです。
その後、観音菩薩が聖天を改心させる為に結婚してあげたのですが、懺悔改心して仏法を強烈に守護する神になったそうであります。
その聖天の姿は男女の象が抱き合ったお姿なんですね。

性愛とお金は仏法では同じ範疇でありますね>どーまる様
エイジ
2007/04/15 00:55
そーなんですね
「女は愛嬌で男は度胸」なんですよ。
いくら不細工な女でも愛嬌があれば男にモテるし、いくら不細工な男でも度胸があれば女にモテるのであります。>サンタママさん

しまじろうさんは疑似科学に良い反応をされるので
お金持ちの波動があります。
きっと、うーんとお金持ちになると思いますよ。>しまじろうさん
エイジ
2007/04/15 01:01
黄色のコートを着るかなさんには、黄色のコート目がけてお金が斜めになって入ってくると思われます。

ちなみに、私のリサーチによれば、お金持ちは「ブランド財布」を使用してる人も多いようであります。
まぁこれは、お金があるからブランド財布を買えるのかも知れませんが、ちょっと背伸びの高い財布は金運を運んでくるようであります>かなさん
エイジ
2007/04/15 01:10
黄色=お金って風水で聞きますよね〜詳しくは知りませんが(汗)。
西側にトイレやお風呂があるとお金が貯まらないって聞いて、黄色のものを置くといいと聞いたことがあります。西側にしっかりトイレがある我が家、あわてて真黄色のカーテンを手作りしてつけてみましたが・・・トイレの水と一緒に流れていくようです(涙)。
レセママ
2007/04/15 10:32
西側のトイレは水商売では良い家相になります。
非常に人の出入りが活発になる相なので「水商売」「セールス」には良いのです。
ただお金が入っても出てゆくということですが、人の出入りも活発になるという意味でもあります>レセママさん
エイジ
2007/04/15 22:19
風水で、「金運を示す星がどこにも無い…」といわれた淋しいワタクシですが、自分の「金廻り」は、もうホント、「必要な分だけ」入って、なおかつ出て行く…という感じなのです。
昔から、緊急時に備えて、ささやかな積み立てを行って来たのですが、面白い事に、満期になると必ずそれと同量の金額の突然出費が起きるのです。
車の故障や、家電の故障による買い替え。冠婚葬祭など… 結婚して26年経つのですが、定期や保険の満期をまるで見越したかのように、それらのことが起きるのです。それで、いつも「…積み立てしていて良かった…」と胸をなでおろしていたのですが、別の見方では、まとまったお金が留まらない家…ということでしょうか。
ま、でもとりあえずは、いつもいつも、家内安全なのですけどねえ。
KISHIKO
2007/04/16 14:13
黄色の絵の具には毒があるから舐めたらだめと言われたことを思い出しました。それと、水仙の花はニラによくにているので、食べる人がいるが、
水仙には毒があるのですよね。黄色のものには毒がある?
NORI
2007/04/16 18:58
これって、信じる物は救われるという結論でしょうか。
物の良い面だけを見て負を寄せ付けなければ、万々歳!?
お金を美しい物と信じる者こそお金を儲けるに相応しい。
さて、私はお金持ちでは決してないが、黄色には元気・明るさを感じています。気持ちだけは豊かに・・・そんなことを思いながら読ませていただきました。 ☆福山さんと出川さんが同一人物・・・このくだりだけはそうじゃないだろう、この論法は無理があると思いつつ・・・^^ 感謝!
みどり
2007/04/18 15:38
それは恐らく四柱推命か算名術の話だと思われます。
いわば、宿命でお金に縁が薄いということですが
運命を変えることによって金運を上げるという方法がありまして、その方法が風水や家相なのであります。
しかし、家内安全ならばそれがもっとも良しではないでしょうか?>KISHIKOさん

世に言う毒蛇とか毒蜘蛛の一番多い色は
「黄色」と「黒」の組み合わせなんですね
いわゆるタイガースカラーです。
この色の組み合わせの動物には近寄ってはいけません>NORIさん<ただし、ヒョウ柄の大阪のおばちゃんは危険か否かは定かではない。
エイジ
2007/04/18 21:54
「モノの良い面だけを信じ、確信にまで高めると奇跡が起こる」とはマハリシヨーギというインドのヨガの人が言った言葉ですが、確かにこれは真理であると思われます。

ちなみにみどりさんの「緑」の色は紙幣の色だと言われます。ドル紙幣や日本の紙幣もよーくみると緑です。>みどりさん
エイジ
2007/04/18 21:59
なるほどねぇ…
以前
「お金は寂しがり屋サンやから お金がいぃ〜ぱい集まる所に
             自然とよっていってしまうねんよ」
という話を聞いた事があります
また違うかな???
ばぁ
2007/04/19 13:36
そうなんですよね。
「金と女はあるところに益々集まる」ようですね。
逆に「金と女は無い人には益々縁がない」のであります。
これも、金の波動と女の波動が同じであり、黄色の波動であるという理論の真理を裏付けるものでありましょう。

やはり「金と女に感謝」であります>ばぁさん


エイジ
2007/04/20 18:21
私のブログで紹介させて下さいね!!
黄色大好きです!!!
koto
2008/07/20 02:00
kotoさん。もちろん紹介して頂いて結構です。

えーと。
せっかくなのでぜひkotoさんのurlを教えて下さい。
変な書き込みはしませんから安心してね(笑)>kotoさん
エイジ
2008/07/20 11:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄色がお金を引き寄せる理由 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる