BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 性欲は人格を作る

<<   作成日時 : 2007/04/01 17:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 16

人間の欲望はさまざまである。
男の場合は、政治家志望の「権力志向」であったり、高級なスポーツカーに乗って異性にモテたいとか、社長になりたいとか。
またある人は酒乱であるのに、酒乱でない人はなんで他人が酒乱なのか?理解できない。
女好きでない男は。名誉よりも女好きな男を理解できない。
それは、あたかも同性愛が理解できないように。

この人間の社会的な欲求はなぜ生じるのか?
また個々の違いはいかに生ずるか?について、精神分析学では「幼児期の性欲の発達」に関係があるというのでBLOGをしようと思う。

人間の性的欲求を「リビドー」と名前をつけるとしよう。
これを命名したのは、ジークムント・フロイト。
フロイトは、「人間の精神活動はすべてリビドーに動かされた結果である」という考えをした学者である。
ちなみに超能力者ユリ・ゲラーはフロイトの子孫である。

リビドーは性的エネルギーの概念であり、「性衝動を発現させる力」である。

さて、このリビドーは思春期などに現れてくるのではなく、生まれたときから備わっている本能的な力であり、赤ちゃんから、幼児になるまでにお乳から、離乳食、離乳食から普通の食べ物に、と食べるものの形が変わるように、リビドーも発達とともに形を変えていく。
その発達がうまくいかない場合には、そこで精神の発達が妨げられ、「性格や性向」が形作られるのである

そのリピドーの発達段階は、大きく以下の三段階に分かれている。

■ 口唇期
乳児は母親からお乳をもらうことで栄養を摂取するが、口唇期の乳児のリビドーはそのことと密接に関係しています。
すなわち母親の乳房を吸うことで口唇期のリビドーは満たされる訳である。
このような、母親の乳房を吸う行為は後の性生活全体のスタート地点となります。大人になってからもキスなどにより満足を得ることにつながります。

しかし、この時期に十分にお乳を吸えないと、大人になってからもいわゆる「口が寂しい」人になり、酒乱になったり、おっぱいアニアになったり、鉛筆をかじったり、また自慰マニアになるらしい。
この時期のおっぱいをいっぱい吸った子は次の「肛門期」に移行する。

■ 肛門期

ここでは、栄養摂取から移行して、排泄行為に関係している。
乳児は排尿や排便することによっても快感を感じるのです。そのため出来るだけ大きな快感を得ようと、自分の意思で大便をためたり排泄したりするようになるのである。
幼児にとって「うんこ」は汚いものではなく、母への贈り物なのでる。
しかし、この場合も口唇期と同じく、自分のしたいときに排泄をして良いわけではないので、
また「うんこ」は、贈り物とは言えぬ程の汚いものであるので、「うんこちびりやがった!」と叱られたりします。
この段階で、自分の欲求と社会的な観念との間で葛藤することになります。

この時期に何らかの問題が残ってしまった人は、守銭奴でけちな人になったり、攻撃的な人になったり、また社会恐怖症になったりする。

そして社会と自分の関係を一通り学習した子は次の男根期に移行するのである。


■ 男根期
男根とはペニスである。
「男根」の概念は、「男根を所有したい」という願望であり、「権力への意志」である。
ゆえに、男性のみにあるわけではなく、女性にも男根期はある。
この時期の子供は男女ともに自分が子供を生んだり出来ると考えている。

そしてこの頃から男女の体のつくりの違いに対する不安や好奇心、混乱などがおこり五、六歳になるとエディプスコンプレックスと呼ばれる段階に入っていきます。
エディプス・コンプレックスは、ギリシャの伝説であるエディプス王の物語から引用された概念で、小さい男の子は、母親を独占しようとし、父親を邪魔に思う。しかし、邪魔に思うのと同時に父親に対して強い愛情を示したりする。ひとつの対象に対して嫌いという感情と、好きという感情が同時に心の中にあるのである。
そして、母に対する欲望を感じると、それは父親に罰を与えられるかもしれないと言う恐怖を呼び起こす。
これを去勢コンプレックスという。

幼児のリビドーの対象は、肛門期までは男女関係なく母親に向いているが、このような母親に恋をし、父親に嫉妬する、というようなことをフロイトはエディプス・コンプレックスと呼んだ。
この時期に、幼児は母親や父親と自分との関係に葛藤をする。
この時期に固着している人は、マザーコンプレックスとかファーザーコンプレックスになると言われる。



■ 欲望という名の真実

さて、このように性的な衝動に動かされて子供は大人になってゆくのであるが、6,7歳になると性の本能は表面上には出てこなくなる。
その状態が思春期であり、今までの性的な出来事を忘れてしまうのである。
しかし、口唇期、肛門期、男根期などの幼児の性の発達にまつわる欲求や衝動は無意識のなかに抑圧され表に出てくるのを拒まれた以前に刻まれた記憶は、後の精神活動に大きな影響を与えるのである。


人は、食欲や性欲のように直接満たされる次元の低い欲望以外に、金銭欲、名声欲、権力欲など地位や名誉や富を獲得したいという、より次元の高い欲望を持つに至る。

しかし、金持ち希望する男は、ほんとうにお金が欲しいと思っているのであろうか?
権力者になりたい者は、ほんとうに総理大臣に成りたいのであろうか?
ブランドバックが欲しい女は、本当にグッチが欲しいのであろうか?

しかし、実際は彼らは、じつは対象の獲得を欲望しているのではなく、自らが欲望の対象となることを欲望していると考えられないであろうか?

いわゆる男根期の延長である。
男根期では、男が男根を欲望するのに対して、女は男根を所有することを欲望する。

それは、女性が女友達に、自分の彼氏の自慢や、高級ブランド品を持っていることをひけらかしたがるのも、ペニス所有欲望の変形ではないか?
ブランド物を買う女性にとっては、ブランドの機能性は実は大きな理由ではなくて、
彼女が欲望のレベルで求めていることは、他者の羨望の対象を所有すること、すなわち心の欲望を満たすことなのでないか?

リピドー理論を知らなかった頃の私はよく、「将来の目標は?」と聞かれ、大きな目標とちっぽけな目標を天秤にかけて、なぜに自分はちっぽけな目標しかないものか!と悩んだのであるが、じつは目標も突き詰めて考えれば「総理大臣になる目標」も「スポーツカーを所有する目標」も、あまりその動機に大差がないのかも知れない。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど
こういったことを考えて歳を重ねてきたワケではないが、理論的には確かに大きく頷けるところがあります。
『生きる』ためという根底から、『身体の成長』するための『食欲』と、子孫を残すという生きものの本能から『性欲』が生まれてくるでしょう。
食が細かったり、性欲が充分でなかったりすると、『生きる力が弱い人』ということになるわけで、要するに『バイタリティー(生気)がない』と一言で片付けられてしまう。
これに付随するものが、のちに他から認められたい、他より優れていたいという『心の欲望』へと発展していく。
この欲望の対処方法も個人によって異なるだろうが、価値観の共有という社会性から大きく脱すれば、変人・変態ということになるだろう。
しかし、幼児期までの育ちかたが人間形成に影響するのは広く知られていることですが、『性 サガ』っていうのでしょうかね。
なんだか切なくなります。
あっ、またズレましたね。スンマセン
かな
2007/04/01 18:45
数年前にフロイトの本を読んだのですが数ページで夢の中へいけるとても便利な本でした・・・(爆)
活字中毒の私は本を読みながらじゃないと寝られなかったのです。
私の睡眠障害(?)を治してくださったフロイト様には感謝しておりますわ〜
(夢分析の本だったと記憶しておりますが・・・違うかも・・・)
サンタママ
2007/04/02 00:03
「英雄、色を好む」といって、政治家や資産家など(そうでない人もいますが)だいたい、異性関係が盛んなケースが多いようですね。女性の場合も、そんな傾向があるのでは・・・
KISHIKO
2007/04/02 14:22
フロイトの学説の意義は、いろんな子育て方法が出てきますが
やはりリビドーを考えない子育て方法は正しくないということでしょう。
母乳はいっぱい飲ませたほうがよいのです。
ウンチをして叱ったら駄目なんです。>かなさん

フロイトの夢分析は面白いです。
そこで夢分析を考えると不思議なことがわかってくるのです。
それが原初の記憶というか人類共通のシンボルの疑問です。
誰もが経験していなくても同じイメージに対して同じ記憶を持つということなんですが、その疑問を研究したのがユングなんです。
記憶の奥を探ってゆくと、非常に宗教に近づいてゆくのです>サンタママさん
エイジ
2007/04/03 18:08
フロイト的な解釈では、「色を好む」ことは「欠乏感」があるということになります。
いろんな英雄について研究した学者がいまして、
アレキサンダー大王とか、戦乱の英雄は父親の若いころの子供が多く
孔子とか釈迦とかイエスもそうなんですけど、哲学な英雄の場合は父親が年取ってから埋まれた子供が多いそうです。
これも不思議な現象です。>kishikoさん
エイジ
2007/04/03 18:12
マズローの本も久しぶりに読みたくなってきただよ。
どーまる
2007/04/04 19:54
仕事お疲れさまです。
マズローの自己実現のための発展説明は私も学生の頃に読みました。
非常に勉強になりましたが、実際にどのようにすべきか?が疑問であり困難な課題であったと思います。(マズローは非常にストイックですもんね)
その後、ヨガの考え方というか、密教的な考え方というか、人間のエネルギーを拡大させることによって、自分の力を強くし、運命も変えうるという、一種のタントラヨガに惹かれ、その後、西田幾多郎先生の「善の研究」に感銘を受け今日に至る次第であります>どーまる様
エイジ
2007/04/05 18:01
お久しぶりです。
なんだかよく分からないけれど、心当たりがあるとすれば、口が寂しいと落ち着かない自分の甘えん坊のような症状です。きっと、なにか欲求を満たされずに育ったのかもしれません。子供の頃の成長が物理的にも密接に関係があったとは、知りませんでした。
NORI
2007/04/09 23:01
おひさしぶりです。
仕事急がしそうですね。

幼児期の欲求が満たされずに大人になった場合の対処法は
自分の欲求の原因が幼児期にあると認識して幼児期の欲求を満たすことで癒されます。
つまり口がさびしいのは、母乳をしっかり飲めなかった理由によるので
口の欲求を満たしてやることが大事なんです。
キス魔になるのも一法ですが吹奏楽器を吹くのも一法です>NORIさん
エイジ
2007/04/12 18:06
そうでしたか。何でも先日友達の心理学の話題では、私ぐらいの年代の人は共働きの親が多いためにどこかが欠落したまま育った人が多いようです。
アダルトチルドレン?かもしれませんね。
吹奏楽ですね。楽器は何でもいいですよね。
高校の頃、面白半分で吹奏楽をやってました。トロンボーンです。
脳貧血によくなって、あまり上達はしませんでしたが(笑)
NORI
2007/04/16 18:41
ぷぷぷぷ
という私も母乳が足りなくて口寂しいアダルトチルドレンなのですけどね(汗)>NORIさん
エイジ
2007/04/18 21:41
現在、産業カウンセラーの講義、受講中で、親しみのある話です。シーらさんの家から参りました。映画、文化、文学談義が好きです。参加します、よろしく。
tatsuuma
2007/11/21 09:14
おはようございます。tatsuumaさん。
ここでははじめまして。
シーラさんのとこではよくコメントを読ませて頂いております。
私も映画、文化、文学が好きなので、ぜひ臆せずに持論をお聞かせくださいませ。
よろしくお願い致します。>tatsuumaさん
エイジ
2007/11/23 09:10
幼い頃の育ち方が後の人格形成に関係する…というのは真っ最中の私でも実感してます。
母乳は沢山飲ませた方がいいですね!!間違った育て方の風潮を本当なくしてほしいですね〜
うちの次男坊4歳はまだまだ母乳っ子ですが利口すぎて将来楽しみです。(話しだしてからも母乳育児しているので、飲んだ後の感想も聞けるので長期母乳は間違いないと確信ももてるんですよ(笑)感想は味はもちろん、飲んだ後の気持ちや、口がさっぱりする、口が気持ちいいそうです)三男ももちろん母乳中。周りには異様な目で見られてましたが、利口な育ちぶりに何も言われなくなりました。そして長男はバカな育て方のせいでミルク育児。普通に反抗期がありいう事を中々きかない子に。
抱っこや色々スキンシップをとっていますが母乳を飲んだ後のさわやかな笑顔、落ち着いた気持ちには中々してやれません。母乳には負けるといった感じです。やはり初めの当たり前の育児が一番大切なんですね!

2009/03/22 22:43
確かに、昔の人が言うように
母乳は思いきり飲ませた方が良いようですよ。
ちなみに織田信長は10歳くらいまで母乳を飲んでたらしいですね。
お母様方におかれては、
その時の突飛な流行の子育て方法で右往左往しないようにして欲しいですね。>一さん
エイジ
2009/03/23 00:12
ありがとうございます。
そうなんですね!織田信長が10歳まで飲んでいたなんて知りませんでした。
長期母乳の事で何か言われたら今度はそれをネタにしてみます。効きそうですね(笑)

2009/03/23 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
性欲は人格を作る BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる