BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS イジメの原因

<<   作成日時 : 2006/10/31 20:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 32

最近 イジメによる子供達の自殺が増加しておりますね。

真偽の程は不明であるが、イジメの現場専門家であるカウンセラーの先生から、少し気になる話を聞いたので紹介しておこうと思う。
先生によれば、イジメは昔から全然減っていないのが現状であり、人類普遍の問題だそうだ。
先生自身の過去の体験から、次のような話をされました。

■提言:イジメられっ子は親が原因だ。

@ 「両親のどちらかが、地域社会に対して攻撃的な言動が多いと、子供がイジメられやすい子になる。」

まぁ、これは当然考えられますよね。
親が地域で嫌われていれば、子供はイジメられやすいとは想像に難くないです。

A 「母親が旦那さんを尊敬せず責めていると、子供がイジメられやすい子になる。」また逆に言うと「イジメられやすい子の母親は、旦那さんを軽蔑してる場合が多い。」

そうであります。まるで「鏡の法則」ですね。
というかまんまです。
一度読んで下さい。PDFファイルだけどよ。


もちろん、イジメは絶対許される行為ではありません。
たとえ、虐められる方に責任があったとしても、虐めの行為が正当化されるモノではないと私は思う。

しかし、最近、イジメというと、すぐ先生の責任が騒がれたりしますが、本来は家庭内の問題、親の問題をまず考えることは大事であると考える。だが、実際には「人道的な立場」からイジメによって自殺した子供の家庭について、誰も言及しませんし、すべきでは無い。

しかし、報道に於いては「人道的な立場」は優先されるべきでありますが、現実の未来において、イジメ問題を無くすには、「人道的な立場」ばかりを建前の様に話していても解決にはなるまい。
それよりも「数々の症例、体験」を知ることも大事であると思うのである。
この話は「イジメられた子の親の後ろ指を差す」話ではなく、「我が子をイジメから守る」話であると考えて欲しいのである。

という理由で、紹介させてもらいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
イジメは、集団の場では、必ず起こるんじゃないかと。子供だけじゃ無い、大人の世界にだって。もしかして、学校内先生同士だって…。
良し悪しで言えば、悪いに決まっているけれど。
学校の、とか政治が、だとかの責任云々で解決するとは思えないんですが・・・
にゃんこ
2006/10/31 21:40
そうですね。
イジメと言われることは、大昔からありました。
陰で行うどころか、先生も含めた、イヤ、先生が先頭に立って、特定の子供が非難・批判・中傷されていました。小学校の担任が、児童の家庭の中傷をすることも珍しくありませんでした。何故か、どこからも誰からも「イジメは良くないことだ止めよう」と言い出すことはありません。
そんな中で子供ながらに『厳しさ』を感じていたのでしょう。
各家庭の事情はいろいろですが、基本的な『公的平等と道徳的善悪』は皆同じであって、学校という場は、そこをキッチリふまえて指導しなければならないと思うのです。そうでなければ、学校は単なる雑多な人間の集まりにすぎません。
私も、子供の頃、直接・間接いろいろながら、辛い思い出がたくさんあります。
いま、私が言いたいのは
ただひたすら 『死んではいかん』ということです。
子供も大人も 死んではならんのです。
とても悲しいことです。
かな
2006/10/31 22:03
虐められる子に何らかの問題があると(それが家庭やいやの問題だとしても)
いう定義が出来てしまうと虐める側に理由を与える事になりかねません。
誰がなんと言っても虐められる側の問題は理由にしてはならないし定義を作ってはいけないと思います。
ある種の共通性があると言う事で捕らえればいいと思いますが・・・
あそこの子は両親がああだから虐められてもしょうがない等と言っては絶対に言ってはいけないのです。

「愛された経験」が他人を尊重する事に繋がります。
自分を肯定できるように育った子供は他人も肯定できるのです。

虐められる方の問題より虐める側の問題の方が根が深いと思います。

ずっと自分を愛し、肯定もしてきた子供でさえ
洗脳されるように虐められてしまうと人格崩壊が起きてしまいます。
そんな虐め方をする今の子供達・・・

昔のおおっぴらな虐めの方がまだましだったんじゃないかとさえ思います。

自分の子供が加害者に・・・被害者に・・・
いつなるかもしれないと言う恐怖と隣りあわせで生きています。
サンタママ
2006/10/31 23:08
そぉいう考えもあるんやねぇ(〃 ' o')

σ( ̄  ̄ * ウチ 長い期間 かなりひどい虐めに会ぉてきたけど
この提言のどちらも当てはまらへんわぁ
父母はむちゃくちゃ仲良かったし
母は父を尊敬してたしね(´ー`*)
地域社会の方にも 父が進んで参加してたしね

実際 そぉいう統計があるのカモカモやけど
現実として虐めは 子供の気分 から始まって
どんどん回りも加わってエスカレートしていってしまったもの…
なんよね(+(ェ)+。)キット…
初歩の時に皆が気付いたらいいけど
そぉやなかったら 雪だるま式に大きゅぅなって
だんだん虐めている方の感覚を麻痺させていってしまう…
善悪のない虐めて当たり前の感覚にね

そんなんほんま怖い事!
ずぅ〜っとずっと以前に σ( ̄  ̄ * ウチの虐めについては記事に
したんやけど 知ってるだけに
子供が標的になったら… って思いは強いカモ
いくら親が守っても むちゃくちゃ辛いから(´;ー;`)
そぉならない事を願って
我が子だけやのぉて みんながね…
ばぁ
2006/11/01 00:14
大人の世界でも、陰湿ないじめは本当に多いですね。
自分の子を守りたい気持ちや、いじめを減らしたい気持ちはあるのですが、子供にどんな風に教えるのがベストなのか悩みます。
私自身、人とコミニケーションをとるのがあまり得意ではないので、自分が上手く出来ない事を子供にちゃんと教えられるのか不安です。
piro
2006/11/01 03:05
子供同士の「いじめ」て、無垢なために起こることが大半だと思うんです(私
が思うに)。いじめてる方は遊び半分、軽い気持ち。これが問題なんだと思うんです。大人になると、知識の交錯で起こるんだと思うんです。
今、報道が過熱していますが(最近の報道はドミノ倒しみたいだ・・・)どうしても学校の「校長」に責任があるような言い方で・・・。(確かに、責任者という形なんですが)実際問題、「責任」の追及は難しいと思うんです。
いじめの原因はつきとめられても、人間社会に「いじめ」をなくすのは、かなり難しい・・・、。
万千ママ
2006/11/01 13:30
皆さん こんばんわ。
今日もまたイジメのニュースがありましたね。
 
さて、どうでしょう?
何が?って、虐める奴は決して無くならないと思うのですよ。
泥棒や万引きが無くならないようにね。
本当に虐める子供を止めさせるには、ぶっちゃげ厳重な刑罰しか無くならないと思うんですよ。もしくは、自分が虐められる痛みを身を以て知るとかね。

だからですね。
「イジメられない子に育てる」ことが大事なんではないか?と
泥棒に入られないように防犯するようにね。
それが、もっとも現実的な対処だと思うのです。


エイジ
2006/11/01 21:09
いじめる方が悪かろうが、いじめられる方が悪かろうがどちらにしても言える事は『死んじゃいかん!』って事だと思う。
死んじゃったら相手を見返す事も、今の状況から抜出し新しい世界に羽ばたく事も出来ないもの。
私もいじめられた事あります。いじめられていた友達を助けたから…
死んだらさぞかし嫌な思いをさせられるだろうな…一生この事を背負うんだろうな…って考えちゃう気持ちも少しはわかる。もう自力で解決する事に行き詰まっちゃうのよね。
でも死んじゃいかん!私は幸せになれたもの…
海流ママ
2006/11/01 21:12
にゃんこBLOGで熱くイジメに語っておられますね
おおむね賛成です。>にゃんこさん

確かに学校に責任はあるかもしれませんが、問題は学校を責めてもイジメは無くならないということですよね>かなさん

虐める側に問題があるのは絶対正しいと思いますが、
では、虐める子供を吊し上げられるでしょうか?
私は昔、「身体障害者のオトナ」を後ろからかっていた子供をはり倒しました。もちろん知らない子供です。
でも、その子供は、反省したとは思えないのですよ。
面白いから虐めるだけなんですからね>サンタママさん
エイジ
2006/11/01 21:19
今の虐めは何が原因かわからないものも多いです。
だからどんな子でも虐める側にも虐められる側にもなる可能性はあると思っています。
だからこそ「虐められない子」では無く
「虐められても死なない子」に育てたいと思います。
正しい自尊心を持ち「愛された経験」が彼を救うと思いたいです。
サンタママ
2006/11/01 22:24
ばぁさんはイジメられっ子だったんですね。
ばぁさんには今回の提言は当てはまらないようですね。

ところで、イジメの動機、その無邪気な感覚が危険なんだと思う訳です。
虐められる方も、虐める方も「心が未熟」だと考える訳です。
虐められる方の心を「強く」することにより、虐められる方の「心も強く」なる訳で、逆はむつかしいと思うのです>ばぁさん

オトナの世界でも戦争したり、リストラしたり、イジメが満載ですよ〜。
厄介なのは、オトナのイジメは「大義名分」があるという点です。
言えることは、イジメに負けない為には「心の強さ」が必要とされるということだと思います。>piroさん

万千ママさん。はじめまして〜。
子供同士の「いじめ」て、無垢なために起こる。まさに同感です。しかし、「無垢」は「純粋」のように思いがちではあるが、どちらかというと「心の弱さ・未熟さ」だと思うのです。
ですから、虐められる方が「強くならんとイカンのです」
特に「くじけない心」を育てるのが大事だと考えるのです>万千ママさん
エイジ
2006/11/02 01:47
なに?
海流ママもいじめられっこだったと?
自分の思い過ごしではないのか?
きっと そうだ。間違いない

しかし、死んではいけない。まさにそこですよね。>海流ママ

「虐められても死なない子」に育てたい。
まさに、そこが言わんとする所なんですね。

イジメの原因は様々、しかし「心が未熟」ゆえの悲劇なんです。そして、イジメは「心を強く」する必要を教える訳です。
イジメる方も、イジメられる方も「心が未熟」な訳で、確実な方法は、虐められる方の「心を鍛える」ことにより、虐める方の「心も磨かれる」訳で、決してオトナの「説教」では解決しない、「人間と人間のぶつかり合い」の中での解決が良いと思うのであります。>サンタママさん<という訳で、私は子供にスポーツを勧めるわけである。
エイジ
2006/11/02 01:55
あれっ(^^;)すみません・・・はじめまして、でした〜!
私はエイジさんのブログ結構読ませていただいてたんです(^^)そういえばはじめてコメントしたんだな〜(^^;)これからもお願いします・・・(^^)>
万千ママ
2006/11/02 08:16
エイジさん。
苛められるのが好きなアッシーはどうすればいいでしょうか?
アッシー
2006/11/02 12:23
「いじめられない子供」に育てなかった親が悪いと長男が小学校1年生の時に学校から言われました。
「いじめられない子供」=「Yes,No」をはっきりいえる子だそうです。
でも、「Yes,No」を言わせない環境と、先生の勝手な思い込みだけで子供達を指導しようとするのもどうかと思いました。
レセママ
2006/11/02 14:16
「いじめられない子供」に育てなかった親が悪いと長男が小学校1年生の時に学校から言われました。
「いじめられない子供」=「Yes,No」をはっきりいえる子だそうです。
でも、「Yes,No」を言わせない環境と、先生の勝手な思い込みだけで子供達を指導しようとするのもどうかと思いました。
レセママ
2006/11/02 14:18
こちらこそ。よろしくお願いします。
万千ママさんは23歳なんですね。
イケイケだそうで、楽しみです。>万千ママさん

アッシーさんを皆で苛めましょう♪>ALL

ですよね
とても日本の土壌は「No」といい難い環境ですね
私が思うに、「No」を言えない子供でもいいと思うのです。
優しくて、純粋でいいのです。
ただ「心が強い、砕けない心」を持つ子供に育てるのが大事と思うわけなんです>レセママさん


エイジ
2006/11/02 18:09
砕けない心…
強い心…
一人では持てません
支えがあってのものです キット
そぉ思うσ( ̄  ̄ * ウチは 弱い心なんでしょうね
結局は 虐められても我慢して耐えて強くなれと!
きちんとイヤ!が言えても 虐められますよ
逆に可愛げがない! といわれますしね 
虐めがなくならないのはわかってます
でも…   なんか辛いです  この考え方(ノー;*)
ばぁ
2006/11/02 22:59
人間は皆、弱い心の持ち主です。弱さに打ち勝てないために、流されてしまう。だから、いじめがなくならないんですよ。
逆にいじめられて苦しんでいる人の方が、人間として本当に強いと思います。

でも、私は、楽観的かもしれないが、人生、ちゃんとどこかで帳尻があってくるものだと思う。人間、類は類を呼ぶというけれど、そういうつまらない人には、そういうつまらない人生が待ち受けている。人の心が解らないのに、自分の心が解るわけない。私は人生ってそういうものだと思う。
なかなか今、辛い立場にいる人は、自分は理解されないと悲観的に思い勝ちだが、決してそうではない。必ず、自分のことを心から心配して、愛を注いでくれている人がいる。そのことに気付いていないだけだ。
だから、決して、自分のことを安易に見切りをつけずに、まだ見えないこれからの将来に、必ず、答えが与えられる事を信じて、乗り越えていって欲しい。
KISHIKO
2006/11/03 00:39
いえいえ
ばぁさん。
誰かの支えがないと強くなれない。が正しいのですよ。
これを感謝の心、愛の心と言うのです。
愛の心は、愛された記憶があるゆえに愛せるのです。
だから、それで正しいのです>ばぁさん

確かに「イジメの罰」が当たるでしょう。
人生は帳尻があってくるでしょうね。

ここで、神様は、イジメられた方にも何かを教えているのかも知れません。人間社会はデタラメのようでも、じつは正確に動いていると私は思っております>kishikoさん

エイジ
2006/11/03 21:49
私が小学生の時もイジメが問題となり緊急保護者会などがあったようです。その際「いじめられっ子になるよりはいじめっ子になってくれた方がいい。」と言ってる親御さんが多くてビックリしたと母が言っていた事を思い出しました。
苛められたくないから苛めるのかなーって、そう思ったりもしませんか?
苛める方も、苛められる方も、何かしら問題抱えている事が多くない?
ruri
2006/11/05 13:54
そうそう。そうなんだruriさん。
両方に問題がある。
虐める方は「我が儘やエゴ」を無くす徹底的な教育が必要だし、虐められる方は「やったらやり返す」ような勇気を教える教育が必要だ。双方が心が未熟なのである。しかしイジメによって成長してゆくものなんですけど、最近のイジメの問題は
イジメが致命傷になるイジメをやっちゃったり、些細なイジメでうつ状態になって死んじゃったり、家を焼いちゃったりすることだね。
これはもう社会問題と考えねばならぬ。

やっぱし、少年にはスポーツを振興しますね

エイジ
2006/11/05 15:55
傷ついたり傷つけたりしながら成長していく事はある。それは確かですよね。でも、なんつーか、人としてここまではいいけどこの先はダメだという境界線は教えてあげないといけないんじゃないかと思いますね。私は「他人のプライドを挫く行為は卑劣だ」と言われて育ったんだけど、これは結構いい指標じゃないかと思います。

運動する事の効果は大きいですよね。ちょっと話はずれるけど、ADHDの子なんかもちょっとエクササイズさせてから課題に取り組むとすっごい集中力が高まるのよね。
ruri
2006/11/06 00:15
福沢諭吉が言ってますが「まず獣体を鍛えてのち、心を鍛えよ」
すなわち、心は体と不二であります。
私は子供には、「基本形を体に教える」という学習が大切だと信じてます。>ruriさん
エイジ
2006/11/06 18:41
イジメというのは劣等感のごまかし行為です。
自分に自信がなく、その事を直視できない為、劣ったもの、劣った事にされたもの、優れている人などを貶すことで、貶せる側という優越感をもち自分の問題点から目を避ているだけなのです。

回りからの期待や評価さえる事が多く、肯定的に自分を直視する事が多い運動部のエースなどは劣等感のごまかしと最も遠い関係といえるでしょう。
心理学ではイジメは自分の劣等感をごまかす...
2006/11/12 07:35
この場合は、苛めの中の「悪口」に関係することですね
人は確かに「優越感」を感じるためには相対的に優れた者の「悪口」を言う傾向があり、それの原因は「劣等感」「ジェラシー」ですね。

また、よく「浮浪者イジメ」ね
あれは、まさに「こいつより、自分が偉い」という再確認なんでしょうね
悲しいですね
エイジ
2006/11/13 18:02
私皆さんとワ全然違うんです!!!私からイジメをしました。。。
4人にイジメをしました。でも今は、逆です。。。
その4にんからイジメを受けるようになりました。
皆さんは、いくら悪口を言われても悪口掛け口には気をつけ他方がいいですよ
。絶対自分に帰ってくるんです!!それがいまの私です。1人は、すごく寂しいですよ。。。。。。。
ナナミ
2006/12/06 12:28
私皆さんとワ全然違うんです!!!私からイジメをしました。。。
4人にイジメをしました。でも今は、逆です。。。
その4にんからイジメを受けるようになりました。
皆さんは、いくら悪口を言われても悪口掛け口には気をつけ他方がいいですよ
。絶対自分に帰ってくるんです!!それがいまの私です。1人は、すごく寂しいですよ。。。。。。。
ナナミ
2006/12/06 12:28
私、男子にいじめられてます。理由はよく分からない....
何でだろう。。モノ投げられたり、カバン踏まれたり。
理由が分からない。どぅしたらィィんだろうか。。
亜子
2007/02/17 19:11
最近 イジメの告白という特集があったのですが、アイドルや女子アナの人って半端じゃないイジメ被害者が多いことに驚きました。
反抗するとますますエスカレートするみたいですね。
結局これは、相手の個性を認めれない未熟さが発端なので、イジメには屈せずに自分の道を進んでください。
だって、大人になれば環境はまったく変わってしまうのですからね。

エイジ
2007/02/18 15:30
そぅいぅのってあんまり関係無いんじゃないかなぁ
ゥチも結構すごいイジメにあってたけど二つとも当てはまらないし
それに、やっぱりイジメってのはウザイ子がイジメられるだけじゃない?
実際ゥチもウザイんだろうし ぅん 多分
塚、見た目がぶりっ子だったんだろぅなぁ
本当は小さい頃からの癖で、意識してやってるものじゃなかったんだけど
ぶりっ子に見えればそれはぶりっ子だし・
まぁ、これはゥチの場合だけどねぇ
あんまり親とかは関係ないんじゃないかなぁ

塚、よくイジメる人が悪いって言うけどゥチはイジメられるほぅが絶対的に悪いと思うなぁ だってさ、イジメる人だって原因があってイジメてるわけだし
まぁ、ゥチはホントうの理由は分からんかったけど それはゥチの理解力が足らんだけだし
だから、イジメるほぅばっか攻めるのはやめたほぅが良いよなぁ なんて思ってます

これは、あくまでもゥチの考えです
無名
2007/03/15 23:14
私も無名さんのおっしゃる意味は
よーーく判ります。

いじめに負けちゃいけんつーことだけ確実だ
エイジ
2007/03/16 19:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
イジメの原因 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる