BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまで」

<<   作成日時 : 2006/09/24 15:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 21

この言葉は、イエスが弟子のペテロの質問に答えたものである。

「主よ。兄弟が私に対して罪を犯したばあい、何度まで赦すべきでしょうか。 七度まででしょうか。」

「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまで赦しなさい」

こういった後、イエスは次のような比喩を語った。

1人の王様に1万タラントン(約6000億円)の借金をしたしもべがいた。
しかし、このしもべはお金が返せなかったので、王様に泣いて『どうかご猶予ください。そうすれば全部お払いいたします。』と頼んだ。
この姿を見た王様は、しもべを憐れみ、なんと!借金をチャラにした。

月日が経ち、ゆるされた人は、自分にたった百デナリオン(100万円)の借金のある友人をゆるさず、負債を返すまで牢に入れてしまう。
その一部始終を見ていた友人たちは、非常に心を痛め、王様にそのすべてを話した。
怒った王は、すぐしもべを呼び出し、「私はおまえが頼んだ時、負債をゆるしてやったのに、私がおまえをあわれんだように、おまえも、仲間をあわれむべきではなかったのか!」と言って、負債を全部返すまで、彼を牢役人に引き渡しました。
というお話。

要するに、「君達はイエスの慈悲で無限の罪障を赦され、天国行きは必定」なんだから、隣人を赦しなさい!否、隣人を赦さないのは、神を冒涜した罪である。という意味であろう。



NORIさんの日記に書いてあったマザーテレサの言葉は、観念的なイエスの「七度を七十倍するまで」の言葉を噛み砕いた言葉で、すばらしいと感じ、ぜひ紹介したいと思う。
よって全文を掲載させて頂きます。


 





人は不合理、非論理、利己的です
 気にすることなく、人を愛しなさい

 あなたが善を行うと、
 利己的な目的でそれをしたといわれるでしょう
 気にすることなく、善を行いなさい

 目的を達しようとするとき、
 邪魔立てする人に出会うでしょう
 気にすることなく、やり遂げなさい

 善い行いをしても、
 おそらく次の日には忘れられるでしょう
 気にすることなく、し続けなさい

 あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
 気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい

 あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう
 気にすることなく、作り続けなさい

 助けた相手から、恩知らずの仕打ちをうけるでしょう
 気にすることなく、助け続けなさい

 あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
 けり返されるかもしれません
 でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい





マザーテレサ/石川 康輔訳

カルカッタの<孤児の家>の壁に書かれた言葉だそうです。

マザーにとって、助けるという慈悲の行為は、
彼女自身の言葉、「貧しい人々の中で最も貧しい人々をキリストご自身の姿として助けてゆく」という言葉で意味されるように、「貧者に対する哀れみではなくて、貧者の中に宿る魂の救済行為」をされているのではないか?と思うのだ。
だから彼女にとって、貧者はイエスそのものであり、そして自分自身でもある。
貧者を救済する行為はイエスの願いを実現する手伝いであり、イエスの愛に報いることである。
よって彼女自身も貧者によって救われるのである。

ところで、「私はクリスチャンでないから」という方もおられるだろうし、私も洗礼を受けたクリスチャンではない。
しかし、この言葉がクリスチャンでなくとも、心に深く突き刺さるのは何故であろう?

しかし、実際にはテロで息子を殺された母親が、テロリストを許すことはとても出来ないと思う。
だが、恨む相手を許せないのが事実であるにしても、恨む相手を赦すという真理があるのは別の話である。

小さな問題では、私達の生活の中でも、ボランティア活動など、好意でしているにも係わらず文句を言われる場合がある。
そんなとき、「好意でやってるのにムカつくな〜」と思う。
また、親切にしてあげた友人に「恩を仇で返される」行為をされたり、そんな光景を見たり聞いたりすると腹立たしさよりも人間不信を感じる。
「だから、やらないほうがマシ」だとニヒリズムに浸る。
しかし、マザーの言葉は、そんな私達の未熟さを一喝する。

愛にもいろいろあります。
子供に対する愛
恋人に対する愛
もしも愛に深さがあるのならば、イエスの「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまで赦しなさい」という赦す愛こそがもっとも深く、神の愛に近い愛ではないであろうか?

などと、愛について考える秋の昼下がり。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
読みながら「これは育児そのものだな!」って思っていたら、最後にしっかり書かれてました♪
血を分けた子供だからこそ、どうにか赦せていますが、他人に対してと言うのはとっても難しいです。
修行が足りませぬ…
海流ママ
2006/09/24 22:16
この記事って私に「他のPTAからなんていわれてもいいから、下校ボランティアに立候補しなさい」っていうことですね。悲しいかな、下校の見守りボランティアが集まらない土地柄でございます。何か起こってからではいけませんので、この記事を励みに下校時見守りボランティアに挙手してみます(あ〜怖い〜)。
レセママ
2006/09/24 23:30
まさに子育て・・・
なんの見返りも求めない無償の愛・・・
それを踏みにじる馬鹿ったれ・・・
何度裏切られてもまた信じ、そしてまた裏切られる・・・
それでも止められないのよ母って。
でもね、同じ事自分の母にもしてたわね(^_^;)
サンタママ
2006/09/24 23:54
最近新しくプリンタを買ったので、なにかプリントしたかったので・・・
この言葉をプリントして、冷蔵庫に貼りました。マザーに少しでも近づけますように。
あゆ
2006/09/25 00:53
いや
育児そのものです
ただ、子供以外も育児の気持ちで接することが出来るか?という問題です>海流ママ

ボランティアは自分自身のために
そして隣人の為にやりたいですよね。
愛の実践に無理は禁物だ>レセママさん

親の心子知らず
親になって判る親の恩という諺がありますが
この話は親子の話と等しいですね
これを隣人にまで広げられたらマザーテレサと同じな訳です>サンタママさん

試しプリントかっ!
といいつつ
私もプリントしました。テヘ
心にプリントできたらいいのに テヘテヘ>あゆさん
エイジ
2006/09/25 12:41
マザーの言葉は本当に心を打たれますね。
有名人が善意の寄付とか、ボランティアなど行うと、必ず次の日には、売名好意などどいう足を引っ張る言葉が、マスコミを横行します。
マスコミの意識の低さと、ご都合主義には、あきれるばかりです。
でも、こういうことが視聴者に支持されるという情けない現実…
おもしろおかしく、人を叩いて、あげつらう方が注目を浴び、結果的に雑誌が売れたりするわけですものね。

愛の深さ、命の尊さより、「お金の多さ」が価値があるようですねー



KISHIKO
2006/09/25 13:15
世の中には、なんでも悪い方にとる人がたくさんいます。
機嫌が悪いのでしょうか?
糖分の取りすぎでしょうか?
機嫌の悪い人には機嫌の悪い人生が待っているので、自分の心を毒さないようにしたいですね>kishikoさん
エイジ
2006/09/25 17:59
エイジさん^^すごい昼下がりを、送っておらるましたなあ〜!!
  ハート・・・コメント^^ありがとう!!
^^愛は、無償の尽くしだと〜!!
子育て\\\^^が、まさに〜!それです!!
かすみ草^^
2006/09/25 18:22
今日も勉強になりました!
深夜に・・勉強しちゃいました(*^-゚)v Thanks!!☆彡  
あや
2006/09/26 01:25
山中英二です。
カモちゃんのつぶやきのブログでは、
あなたは、私のことを偽者扱いにしました。
つまり、
あなたも悪い方にとっている
エイジ
2006/09/26 07:19
かすみ草さんのBLOGは暖かい雰囲気で癒されますね
文から優しさが伝わってくる不思議な心地よさです
写真も素敵です。>かすみ草さん

あやさんの写真は、まったく素晴らしいです
なんでしょうね あれは?
私は鬼が乗り移ってる写真というのですけど、
まさに写真に魂が入っていますね>あやさん

私以外は、私にとって偽者ではないか?
だから 山中エイジとフルネームで書きましょうね>山中さん
エイジ
2006/09/26 12:44
マザーテレサ
この方のお話し 今小学5年の息子が学校で学習しています
どんな風に捉え 感じてくれるのか…
楽しみです(´ー`*)
ばぁ
2006/09/26 21:55
愛とは無縁だなとひとりつぶやく秋の昼下がり。
bara17
2006/09/27 12:21
私も小学生の頃に日曜学校に通っていたのですけど、イエスの言葉を理解できず、「汝ら悔い改めよ」という言葉だけが頭に残り、「自己嫌悪」になった記憶があります。
マザーテレサの話もね。言葉だけでなくて彼女の全体を伝えられたらいいのにね>ばぁさん

食欲の秋ですね。腹減ったとつぶやく昼下がりでございます>baraさん
エイジ
2006/09/27 12:35
言葉足らずでした…ヾ(_ _*)ハンセイ
息子が習っているのは マザーテレサの生涯のような感じなんです
上手く言えなくって ゴメンナサイ(*- -)(*_ _)〃
ばぁ
2006/09/27 23:28
山中エイジです。
陰湿ですね。
エイジ
2006/09/28 07:43
子供達にマザーテレサの生涯で特に学んで欲しいのは
慈悲心よりも、「意思の強さ」だと思うのです。
なぜなら、慈悲心は言葉では伝わらないもんね>ばぁさん

やさしい言葉でもかけて欲しいのか?>山中さん
エイジ
2006/09/28 12:25
ほんまにそぉですよね!!!!
素敵な意思の強さを持たれた方ですもんね(´ー`*)
ばぁ
2006/09/29 13:02
教育もまさにそのものですね。最近は700回でも赦すつもりです、、、私はどちらかというと性善説が好きなんですね。エイジさんは?
しんじ
2006/09/29 22:39
教育もまさにそのものですね。最近は700回でも赦すつもりです、、、私はどちらかというと性善説が好きなんですね。エイジさんは?
しんじ
2006/09/29 22:39
あんな人が近年存在したというのは、生きる希望になりますよね>ばぁさん

教育こそ、まさに7の70倍許すという行為に違いありません
私も根本的に、性善説なんですよ
性悪説なら実は7の70倍許すという行為はできないですね
そこがイエスが偉大な教育者であり神であるということであって
僕が考える性悪説は完全な人間信頼の裏返しなんです>しんじさん
エイジ
2006/10/02 18:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまで」 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる