BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄金比と白銀比と陰陽説

<<   作成日時 : 2006/06/09 23:10   >>

面白い ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 29

さて、今回はますます訳の判らないエイジワールドを展開しようと思います。

黄金比と白銀比のどちらが美しいか?という議論に対する私の意見である。
通常は連日BLOGアップはしないのであるが、どうしても書きたいので書きたい。

最近、ダヴィンチコードでモナリザの構図が黄金比であったりする理由で、自然界の中には多くの黄金比が見られるという話題がポピュラーになりましたよね。
黄金比はいわば自然界に存在する調和の比率でありましょう。
多くの自然物に黄金比が見られる。

ところで、黄金比と並ぶ美の比率がある。
その比率を白銀比と言う。
さしずめ、黄金比が自然界の原型比率だとすれば、白銀比は人工物の効率比率と言えましょう。

黄金比が約 5 : 8 (1:1.618)なのに対して 約 5 : 7 (1:√2)の比である。
白銀比は、身近な例では、用紙サイズとして用いられている。
たとえば、A4用紙の比率は縦と横の比率が5 : 7の白銀比である。

なぜこの比率で作られているかというと、用紙を長手方向に半分にしたときに元と相似の形状となるため、大きな用紙を切るだけで同じ規格の小さな用紙が得られるためである。
つまりA4用紙を折っても折ってもA4用紙になる訳である。
また、丸太の直径を計って、その直径に1/√2を×ともっとも大きな角材を得られるという理由で大工道具の指矩(さしがね)の裏面には裏目として角目と呼ばれる目盛(√2を掛けたもの)が刻まれている。
このような実用性および機能性は白銀比に見られるものであり、黄金比には無い。
私見で断言すれば、白銀比は実用的比率であるが、黄金比は調和的比率である。

ところで、この白銀比であるが発祥は日本である。白銀比を別名、大和比とも言う。
日本は古来より白銀比を美しい比率として考え、法隆寺の五重の塔をはじめ、建築物や彫刻、生け花にも多く見られる比率である。多くの仏像の顔も白銀比で作られているそうな。

ところで、この黄金比と白銀比は、アングロサクソン(白人)と縄文人(アジア人)の顔の比率にも見られ、類型の範疇の話であるが、アングロサクソンの顔のパーツ比率が黄金率で、縄文人の顔には白銀比の比率が見られる。
また、平均的な男性の体の比率を黄金比に合わせると、平均的な女性の体の比率が白銀比に近くなる。
ちなみにスーパーモデルはミロのヴィーナスがそうであるように黄金比が理想の体型と言われる。しかし、黄金比スーパーモデル体型の女性ばかりでは子孫繁栄は無いであろう。
やはり実用比率の白銀比女性が豊穣ヴィーナスの姿ではないか?

黄金比と白銀比のどちらが美しいかという問題は、美のヴィーナスと豊穣のヴィーナスのどちらが真のヴィーナスであるか?という議論に等しい。
以上から、私は断言するが、黄金比は男性原理(陰)で白銀比は女性原理(陽)であり、両比率を以って阿吽となる訳であります。
また黄金比を作図する場合、白銀比の基本である正方形(1:√2)から黄金比を産み出すという事実を鑑みれば、黄金比は男性原理(陰)で白銀比は女性原理(陽)である理由は明白でありましょう。
この宇宙での調和比率が黄金比と白銀比であるという理由は、宇宙が陰と陽によって成立している相似に他ならない。
どっちが美しいか?という問題ではなく、お互いに補い合って完成されるものなのである。

この世のすべてのものは動物も植物も鉱物も陰陽を持ち、われわれの身のまわりは陰陽で満たされている。その陰陽が形になり、言葉や数字になり、それらが総合されながら人類の文明は育まれてきたのである。
よって黄金比と白銀比は陰陽比率であると結論する次第である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
アングロサクソンのジョディ・フォスターに憧れる縄文人顔の私です。
大変興味深い説であります。
私は、初めてきく話です。ダヴィンチコードを見ていないので。
唐突に、質問しますが
@ 青銅比というのは存在しますか?
A こんな夜中に、眠くならならないのですか? z z z z z
かな
2006/06/09 23:46
『白銀比の基本である正方形(1:√2)から黄金比を産み出すという事実を鑑みれば、黄金比は男性原理(陰)で白銀比は女性原理(陽)である理由は明白でありましょう。』

↑で私の心が晴れました。
ありがとう!
ruri
2006/06/10 12:09
黄金比はピラミッドもそうなんですってね。
よくは知りませんが、安心感を与える形って、あるとおもう。
突きつめて学術的にまとまると納得します。
さすが、エイジさん!!拍手。
NORI
2006/06/10 20:04
白銀比って知らなかったんだけどやはりダビンチコードがらみで知りました。用紙サイズが白銀比ときくとうなっちゃいます。職業柄、用紙サイズは身近なので。
ダビンチコードは評判はさんざんですがどうなんでしょうね。
スー
2006/06/11 14:50
夜分にこんばんわ
質問の答えですが、
○青銅比はあるか?についてですが、そんなもんは有りません。残念賞です。
○いつも夜にアップするが眠くないか?についてですが
私もかなさんと同じく半分寝ながら書いてます。
ピンポンです。

いやぁ〜るりさんにいつも喜んで頂いて嬉しいです
どういたしましてっ
そんなお礼にメロンなんて勿体ないです>るりさん

クフ王のピラミッドにはたくさんの不思議な数がひそんでいます。例えば、底面の正方形の1辺の長さ230.4mと高さ146.6mを用いて、一辺の長さを2倍して高さで割ると約3.14、つまり円周率πに近い値が得られます。また、ピラミッドの高さを半径とする球の大円の周の長さは、ほぼピラミッドの底面の周の長さに等しくなります。そしてピラミッドの側面にある三角形から作られる長方形は正確な黄金比です。
なぜそうなのか?
いつかBlogにしたいと思ってます>noriさん
エイジ
2006/06/12 01:14
ダヴィンチコードの内容は反キリストなので、評判を悪くして悪宣伝している傾向があります。
奇しくも今年は千年に一度の666が成就する年であり
皇紀でも2666年なんですよ
この大いなる年に皇太子が9月に生まれるということは
まさしく666のミロク成就の年でありましょう。>スーさん
エイジ
2006/06/12 01:15
そうですかぁ?では勿体ないのでメロンはなしでっ!(笑)
ruri
2006/06/12 12:05
ん〜、私も白銀比って知らなかったなぁ。
ダヴィンチコードは子供預けて旦那と3年ぶりに映画館で見たばかりですが…
どこまで切っても半分から分身を生み出せる…おまけに黄金比も生み出せる。ホント「母」って感じですね〜。
私も白銀比の方がしっくり来るかも♪
海流ママ
2006/06/12 21:44
おお、海流ママ復活ですね。お帰りなさい。

ところで、米国ではA4ではなくてレターサイズってのが主流なんですが、日本に帰るとA4が長細く見えて、日本にいて、米国に戻るとレターサイズがずんぐりむっくりに見えます。紙のサイズって体が覚えていると思いきや、結構いい加減なもんだなといつも思います。

ヒロシ
2006/06/13 11:40
梨ですかっ!梨でも勿体無いですが好意に甘えて頂いてもいいですよ>るりさん

僕も黄金比より白銀比のほうがしっくりきます
大体、ミロのビーナスみたいな女性なんて・・
素敵すぎて見てるだけでいいと思います>海流ママ

用紙を1:√2の比率を決めたのはドイツの物理化学者で、1909年のノーベル化学を受賞したオストワルド(1853-1932年) という人物らしいが、「オストワルドに先立つこと30年近く前にこの世を去った日本の太田直次郎という江戸時代の人物かすでにこの比率に注目し「書物の寸法とすべし」と提唱していたそうです。ちなみにアメリカのレターサイズ(8.5インチ×11インチ)、リーガルサイズなどがあるが、レターサイズは215.9mm×279.4mmで1:1.294となり、1:√2ではない。国際的にA判が標準なのに、レターサイズを使うアメリカ人はいまだにインチ・ポンドを使いつづける国みたいですね>ヒロシさん
エイジ
2006/06/13 18:29
太田直次郎やりますね。そうそう、インチ・ポンドってだれも使ってないだろうにいつまで使うのかねホントにと毎回思います。それだけでなく、華氏とか、マイルとかわけのわからん単位ばかり残っててほんとにいやんなります。。
ヒロシ
2006/06/13 20:13
なしでも勿体ないですか?じゃぁ、何かましな物をくださいませ〜。
よろぴこっ♪
ruri
2006/06/14 05:39
そうですよね
ある意味、アメリカって民主主義の国というよりかなり右よりの頑固な国なんだと思います>ヒロシさん

柿のヘタでいいならあげますけど
もうすこし待ってくれたらスイカの皮をあげなす
スイカの皮で作った漬物は最高ですよ
ぜひみぃたんに食べさせて下さい>るりさん
エイジ
2006/06/14 19:17
ただいまっo(*^▽^*)o~♪ ヒロシさんっ

…本当に見てるだけでいいんですか〜〜|電柱|ー ̄) 隠れニヤリ
海流ママ
2006/06/15 16:39
隠れなくても十分、見えてますよ>海流ママ
エイジ
2006/06/16 18:56
たまたまお邪魔したのですが、私も黄金比と白銀比の陰陽関係に到達致しました。もちつもたれつな。なんか嬉しかったです。
マ−
2006/09/03 09:14
マーさん はじめまして。
同じ意見とは、私も嬉しいです
エイジ
2006/09/03 15:07
お久しぶりですエイジさん。黄金比は男性?白銀比は女性?そんな気がしました。
マ−
2006/09/08 18:37
マーさん。お久しぶりです。また覗いていただいて嬉しいです。

普通の法則はきれいな整数なんですけど、
黄金比も白銀比も割り切れないところが、完全比率ではなくて、二つでひとつな陰陽比率であるような気もする訳で。
エイジ
2006/09/08 19:08
白銀比のルックスを持つ私ですが、美意識としましては、白銀比の方が好みです。安定感や落ち着きを感じるからなのですけど。
KISHIKO
2006/09/08 23:30
確かに白銀比は安定的な美ですね
実用的であるとも思われます
特に日本的な美の比率であり、活け花は白銀比が多いらしいです
エイジ
2006/09/10 15:31
そうとう前の記事にコメント失礼します。あと、意見が長いので分割して投稿させて頂きます。モデルの理想体型と男性は黄金比で女性が白銀比なんですか。子孫繁栄の為にはどちらが適していて、モデル体型の女性と一般的な体型の女性とどちらが美しいか?ってなると、好みでしょう。私は、モデル体型の女性は男性体型(というか、少年体型)だと思います。女性は脂肪があるので、どうしても重力で肉が垂れ下がります(老若問わず)モデルは脂肪が少なく筋肉質で肉が垂れません。又、トレーニングでそういった体型を保ってます。今はモデル体型が流行してて、一般の方も運動の他にエステ、補正下着、ボディローション等を使ってモデル体型に近い体を作ってます。モデルはよく知りませんがクラシックバレエダンサーは女性体型は御法度です。彼女達はモデルの女性よりずっと少年体型です。一般的に見ると痩せすぎです。
みゅう
2008/12/17 10:40
続き→しかし、クラシックバレエという分野ではその体型が美しいし、普通に子供も産めます(近年は激し過ぎるダイエットで閉径など問題もありますが)逆に競輪選手は太ももが太くてサイズの合う可愛い服がないという悩みはあるそうですが、競輪では理想の体型です。彼女達もまた子供を産めます。彼女達を良いという男性がいます。健康であればいずれの体型でも子供は産めるし、時代、文化、職種、流行、好みによってあらゆる美しさがあります。どれが最も美しいかなんて答えはありません。そんな事を議論するのも馬鹿ですし。黄金比や白銀比もそれらの美しさのひとつと捉えることでいいのでは?
みゅう
2008/12/17 10:47
みゅうさん。こんばんわ。
大脳生理学者の茂木先生が言ってたんですけどね。
つまり、ウォーホルの絵画を2時間みても飽きないのに
銭湯に書いてあったウォーホルの絵画とあまり構図に差のない「宝船」の絵はつまらないように感じるのは何でか?という問題ですけどね。
美の基準というはまちまちであるけれども
人間の脳で感じる美しさというのには、なにかしらの法則があるということらしいです。
つまり、白銀と黄金比率をなにかしらの法則であるのは事実であり、それを色んな解釈するのも面白いと思いますよ。
エイジ
2008/12/17 19:52
通りすがりです。

青銅比(Bronze Ratio)は存在します。
1:(1+√13)/2≒1:2.303です。
ちなみに青銅数はx^2-3x-1=0の正の解です。
すずき
2009/12/27 18:24
男性原理は陽であり、女性原理は陰ではないでしょうか?
TK
2010/05/19 00:19
男性原理は陽であり、女性原理は陰であるという説が一般的ですが、
陰→陽、前→後、左→右、上→下 ですよね。
ですから男→女で陰→陽という古代の説を私は採用します。
ちなみに、旧約聖書でもアダム(男)の骨からイブ(女)が生まれましたし、
陰から陽が生じるという説に矛盾無しと考えます。>TKさん。
エイジ
2010/05/19 18:40
>エイジさん
青銅比はないと書いてありましたが、ありますよ?
貴金属比というものがありまして、第一が黄金比で、第三が青銅比です。
第二は白銀比なのですが、大和比と呼ばれる白銀比(1:√2)とは違い、比率は1:1+√2なんですけどねw
不知火
2011/06/16 09:39
第n貴金属数というものがあるらしく、特に特に第1貴金属数((1+√5)/2)を黄金数、第2貴金属数(1+√2)を白銀数、第3貴金属数((3+√13)/2)を青銅数というそうです。しかしながら、今回の考察のような貴金属数がなにかしらの相似があるかは黄金、白銀以外は考察されていないようです。
エイジ
2011/06/16 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
黄金比と白銀比と陰陽説 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる