BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 仏界入り易く、魔界入り難し

<<   作成日時 : 2005/02/13 11:10   >>

面白い ブログ気持玉 11 / トラックバック 2 / コメント 2

一休の言葉に「仏界入り易く、魔界入り難し」という言葉がある。
川端康成もこの言葉に惚れ込んで、掛け軸にして身近に飾っていたというのは有名である
この言葉は芸術論としての究極の真理であると思う
創造という作業には、魔界に住みうる力が必要である

たとえば、「規則正しい生活をし、仁義を愛し、丹田に気を充実させて生きれば人生は開ける」と言われるが、芸術家として大成するには、そうはいかないようである
「規則正しい生活をし、仁義を愛し、丹田に気を充実させて生きてつまらない作品を作る」
場合が多い。

蓮の花は泥沼の中から美しい花を咲かせるが、芸術家は泥の中のカオスの住人でなくてはいけない。カオスに耐え切れない人種は芸術家ではない。
芸術は人々をうっとりさせたり、感動させたり、癒したりするものであるが、そもそもギリシア神話における芸術の神はバッカスという酒と好色の神であるが、見た目が醜く
劣等感にさいなまれている神様であって、アポロンのように光輝く存在ではない
バッカスのような醜い異形の鬼神でなくては、癒しの芸術は作れないのかもしれない
いま、上映中の「オペラ座の怪人」みたいなもの?

思い出すのはモーツアルトの「アマデウス」である。
人格高潔で学識高く、礼儀を備え神に敬虔な、サリエリは、つまらない作品しかできず、
下品で無責任、好色で浪費家のモーツアルトが、神のごとく美しい作品を作り出すことに
怒ったサリエリがモーツアルトを陥れる物語である
しかし、モーツアルトは運命に流されるように人生を落下させ、落下の課程に美しい作品を生み出してゆく、まさにモーツアルトは神に選ばれた魔界の住人であった

芸術家として生きる運命の人は、バッカスのように人生にマイナスの力が降りかかる場合が多いが
それを美に昇華する力を持っている。
また昇華する力のある人を芸術家というのである。
天部の善神ではなく異形の鬼が芸術の神であろう
芸術家として才能がある人は社会適応力がない場合が多く、そうでなくても劣等感と違和感の中で生きている場合が多いのは確かである。
しかし強烈な自己陶酔能力を必要とされるので、一歩間違えば 危ない人種であるのは確かだ
しかし、芸術家を芸術家ならしむる為に、芸術の神はあらゆる試練を与える場合が多い。

魔界入り難しとは、このあらゆる試練を昇華して美しい花を咲かせる超人的な力を言うのであろう
太宰治の言葉で言うのなら
「神に選ばれたる不安と恍惚 我にあれり」であろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アクセス解析からアクセスについて考察してみた
以前に書いた山田優のBLOGだが、もうすぐ4000アクセスに迫る勢いである。 アクセス解析をやってわかるのだが、このBLOGに関してはGOOGLEの画像からくる人が多いっていうか皆そうである(汗) 運良く、山田優の画像が写真集ではない画像だったかもしれないが、GOOGLEの山田優イメージの上位にあるので、毎日 山田優の画像目当てでやってくる人がいっぱいいるということである。 私が山田優と伊藤英明のスキャンダル以前にアップしたので、ちょうど山田優が隙間産業だったのであろう。しかし、山田... ...続きを見る
BlueBloomBlog
2005/07/07 02:05
鳩摩羅什
どういう訳か。 僕は仏教に関しては、人の話を聞いたり、解説本を読むことは好きじゃなくてね。 必ず、「教えの書」であるお経本を自分で読んで解釈するのが好きなんですよ。 サンスクリット語じゃなくて、もちろん漢文のお経ですけどね。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2009/01/17 13:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
エイジさん、こんにちは〜。

ヴィトゲンシュタインという哲学者も言ったのです。
哲学者は混沌を楽しめなければならない、と。

整然とした街並みよりも、混沌の街並みが
時として強力な魅力を放つようなものでしょうか?

光と陰の両方があってこその光ですものね。
または光のもとで見えるのは当然とも?
カコ
2009/03/05 11:35
カコさん。こんばんわ。
混沌とは、まさにギリシャ神話では、宇宙開闢における万物発生以前の秩序なき状態。
また、同時にすべての事物を生みだすことのできる根源を示します。
すなわち創造者は必ずカオスの中に住み、カオスに巻き込まれない強靱な精神の持ち主でなければならないのでしょうね。
しかしながら、モーツアルトも芥川も川端も最後はカオスに飲み込まれてしまったようです。
エイジ
2009/03/05 22:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
仏界入り易く、魔界入り難し BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる