BlueBloomBlog

アクセスカウンタ

zoom RSS 成長の3段階

<<   作成日時 : 2005/01/25 01:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 2 / コメント 0

学生時代に梅原猛は結構読みました。歴史学者なんだか哲学者なんでしょうか?
けれど独創的で情熱的な文が好きで一気に読みました。
梅原猛を通じて、ニーチェを知り、宮沢賢治を知り、太宰治を知り、観阿弥に興味を持ち、聖徳太子を研究しました。私の学問の先生みたいな感じなんですけどね

その中の話のひとつで、ニーチェの言葉らしく、ツァラトストラの中にあった挿話だったと思います。

ツァラトストラはかく語った。
人間が成長して完成してゆくには、必ず3段階を経てなると言う。

最初は『ラクダの時代』
ひたすら修行の時代、絶対的に服従して吸収する時代で砂漠を歩くラクダの如し
イメージすると、受験生みたいなものでしょうか?職人の見習いみたいなものです
この段階で多くの人は、孤独と試練に耐えきれずラクダを止めてしまうので成長できないと言う
ラクダ放棄で成長は亡くなる
しかし、この修業時代を耐えて進んだ者は第二段階に突如変化するという
このラクダの時代が1年の人もいれば、20年以上の人もいる
しかし、ラクダの時代をクリアーすれば必ず第二段階に進むらしい

第二段階『獅子の時代』
砂漠を歩いていたラクダは、突如、獅子に変身する。この獅子の時代は戦いの時代である
ラクダの時代が苦しさであるのならば、獅子の時代は厳しさの時代であろうか?
しかし、獅子は力もあり自由もある。己の力を発揮するために戦わなくてはならない
もしも戦い続ける厳しさに飽きた者や戦いを放棄し堕落した者はここで成長が止まるという。
この厳しい時代を耐えて進んだ者は第三段階に突如変化するという

第三段階『赤子の時代』
力の限り戦い続けた者は、突如赤ん坊に変身するという
ラクダの忍耐基礎力と、獅子の力を超えて赤ん坊になった者は、創造者に変わる
この赤子の時代こそが完成の時である とツァラトストラは言う
力も入れず、赤子のように無邪気に、かといって誰にも邪魔されず
誰にも苦にされず、赤ん坊のように自分の天分を開花させる

完成するためには、必ず、この三段階の変化を踏まなくてはならないらしい
いきなり ライオン いきなり赤ん坊はない
ラクダ→獅子を経て、完成されるそうだ

この挿話で、仕事やいろんな場合において、自分が今 どこにいるのか考えることがある
そして、その時代をドロップアウトしたら完成はない と自分に言い聞かせるというか
今は苦しいけれど、先は必ず必勝だ ガンバレ!
などと元気になる(汗)
いわば
私のポジティブシンキングの手助けになってくれる挿話なのである


何気なく『学問のすすめ』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
乾為天の龍:リーダーの易経
実に素晴らしい本を読みました。 竹村亞希子さんが書いた「リーダーの易経」(PHP研究所)であります。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2008/02/01 00:19
努力しても運命が好転しない理由
私だけでなく、貴方も、 「こんなに努力しても運命が変わらないのは何故か?」 という素朴な疑問について、思いついたので書いておこうと思う。 ...続きを見る
BlueBloomBlog
2012/07/30 22:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成長の3段階 BlueBloomBlog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる